ゴルフ日本シリーズJTカップ 2007

大会ロゴ

大会記事

4年連続はならず…片山晋呉は15位タイ

  • photo1
  • photo2
  • 最終18番で、大ギャラリーにヘッドカバーのプレゼント!
  • photo3
  • 閉会式では晴れやかな笑顔で

いよいよ迎えた最終日はあざやかなオレンジのテンガロンハットで登場。その表情は、どこか晴れやかだった。6番で1.5メートルのイーグルにガッツポーズを握り、ミスやボギーにも、悔しさを包み隠さず表現して最後まで盛りあげた。

2日目には、石川遼くんと初の同組対決。
終始、ハイレベルな戦いで16歳を圧倒したばかりか5打差の首位に躍り出て、ライバルにも容赦なく、プレッシャーを浴びせかけた。

逆転の賞金王は、この最終戦で勝つしかなかった。
しかし、勝っても谷口が単独2位以上なら望みはなかった。
それでも開幕前から「もちろん、僕は優勝を狙うだけ」と宣言。
一方で、こうも言っていた。
「もし谷口さんが2位以上になっても全然、悔しくない。だって今年もまた最後まで、こうして盛り上げられたわけだから…」。

結局、谷口は単独2位。
片山は15位タイと有言実行とはならなかったが「満足しています」とサバサバと言って、競技がすべて終了した18番グリーンの片隅で、谷口の右手を笑顔で握った。

3年連続の王座はいったん途切れたが、この7年間でトップ5から外れたことはない。
今年は7月のUBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップで念願の「日本タイトル」を総なめにして、ツアー優勝者と賞金ランク25位までの選手しか出られないこのゴルフ日本シリーズJTカップは10年連続10度目の出場だった。

今年34歳。「10年連続ってことは、24歳から出てるってこと。それから10年間も常にトップであり続けているということ。それだけでも、もの凄いこと」と、改めて感嘆の声を上げたのは、今年33歳で初出場を果たした上田諭尉だった。

「たとえ今年は2位でもシンゴさんが、谷口さんと並んでズバ抜けているってことには変わりない。あの2人を倒さないことには僕らも始まらない」(上田)。

誰よりも多い練習量と、厳しいトレーニングと、探究心が年々進化を続ける源だ。これからも“片山時代”が続くことに、疑いの余地はない。そして谷口とともに、これからも若手の手本であり続けることに変わりない。










» 前のページに戻る

関連記事

広告