ABC チャンピオンシップ  2007

大会ロゴ

大会記事

高校生が大健闘!!

  • photo1
  • これがツアー5戦目の薗田くんは「プロの試合にはもう慣れた!」
  • photo2
  • 2戦目の森本くんは「再開後の1番で5メートルのバーディを入れて乗っていけた。中断が味方してくれた」と頼もしいコメント

前日初日に2アンダーの21位タイでスタートした2人の高校生が、この日も揃って上位に浮上だ。杉並学院高3年の薗田峻輔くんは5アンダー暫定16位でホールアウト。また、全国高等学校ゴルフ選手権の夏季大会を制覇して、今大会の出場権を手に入れた森本雄くん(東北高2)は4ホールを残したもののやはり同順位につけており、「明日も、気を抜かずに頑張りたい」とさらなる上昇を目論んでいる。

また薗田くんは、この日3アンダーで迎えた前半の18番パー5で、奥から下りのスライスラインをねじこんで記念すべき「ツアー初イーグル」を記録。
一時、単独首位に立つ大活躍をみせた。

しかし、再開後の後半7番で、奥バンカーからの第2打をホームラン。「雨の影響で、特にロングパットが重くなった」と、ピンまで15メートルのエッジからのパーパットも寄せきれず、ダブルボギーとしたものの「前半、取りすぎましたから」と、ショックはない。

これがツアー5戦目には雰囲気にもすっかり慣れて「今では緊張もないし、自信を持ってプレーできるようになってきた」と、堂々としたものだ。

参戦中は、積極的にプロの中に入っていく。
今週は火曜日に、自ら申し出て谷口徹と練習ラウンドを行った。
きっかけは、9月のフジサンケイクラシックだった。
予選2日間を、同じ組で回ることになった谷口は、想像していたよりもずっと親しみやすく、またはるかに親切で、むしろ「やさし過ぎるほど。トッププレーヤーの人は、プレーに集中して話しかけにくいイメージがあったんで、こんなに良くしてもらっていいのかな、と思ったほどだった」と、振り返る。

良い意味で崩れ去った第一印象に勢いづいて「次回のトーナメントではぜひ、一緒に練習ラウンドさせて欲しい」と、頼んでおいた。
今週、実現した賞金ランク1位との3度目のラウンドで、もっとも印象に残った教えは「練習のときも、常にどういう球を打ちたいかイメージして打っていくこと」。

フック、スライス、ストレート。
「また、同じ番手で打つときも軽めに打つとか、低い弾道、高い弾道・・・。1球1球、イメージして打つことが、本番につながっていくんだ、と」。
今週、特に好調のアイアンショットは「そのアドバイスのおかげ」と感謝した。
薗田くんの結果を聞いた谷口も、「ビックリした! 本当に、急にうまくなるんだね!」と、喜んだ。

2つ下の後輩、石川遼くんが史上最年少優勝をあげた直後の5月の三菱ダイヤモンドカップで、ツアー初出場。
「あのときは、僕も勝てると思っていたけれど・・・。いまは、そんなに簡単じゃない、って。それよりも、いまはツアーでなるべく上に行きたい。そんな気持ちで戦っている」と、前回の日本オープンに続く2試合連続の予選通過にも、落ち着き払って答えた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告