ABC チャンピオンシップ  2007

大会ロゴ

大会記事

熾烈なベストアマ争い!

  • photo1
  • photo2

サスペンデッドとなった前日の第2ラウンドの残り4ホールを消化したころはそうでもなかったが、それから約1時間後にスタートした第3ラウンドは一転、強い風が吹き荒れた。
「普段、風は苦手じゃないんですが、意識しすぎてしまった」と、反省を口にしたのは東北高2年の森本雄(ゆう)くん(=写真上)。
7番と、12番の3パットも悔しい。

「距離感が合わなくて、短いのを外してしまった」と残念がったが通算3アンダーは、もうひとり予選通過を果たしているアマチュアの薗田峻輔くん(=同下、杉並学院高3)を1打リードして、39位タイ。

最終日のベストアマチュア賞争いにむけて、「明日は自分のゴルフが出来ればいい。フェアウェーをキープして、グリーンに乗せて、入れるところは入れたいです」と森本くんが言えば、薗田くんも負けてはいない。

通算5アンダー19位タイからのスタートも、この日は苦戦。
13番は、ラフからの第2打がフライヤーしてグリーン奥。ピンまで距離のないアプローチは寄せ切れず、3パットのダブルボギーを打つなど、「パットが悪く、リズムに乗り損なっていろんなミスにつながった」と、反省しきりだが、闘志は消えていない。

「明日は行きますよ! 上に行くか、下に行くか…とにかく、1オン出来なくても狙うぐらいの気持ちで思い切っていく。パターが入らないなら、全部チップインを狙おうかな」と威勢よく、高校生2人が残り1日に賭ける。


» 前のページに戻る

関連記事

広告