ABC チャンピオンシップ  2007

大会ロゴ

大会記事

賞金ランク1位の谷口徹は12位タイ

  • photo1

大会2日目から、得意のパッティングに精彩を欠いた谷口は、この日最終日も特にグリーン上でストレスのたまるプレー。「こんなけ入らないと、ショットにまで影響した」と、うんざり顔だ。

最終18番のティショットは、隣の17番方向の池の淵。とりあえず出すだけの第2打は、今度は左ラフの木の裏に転がり込んだ。
残り180ヤードは5番アイアンで大きくスライスをかけ、ピン3メートルにつけて、最後はどうにかバーディで締めくくったものの、その程度で鬱憤は晴れない。

「グリーンに乗らないほうが、パットが入るみたい。今日は本当に苦労しました」。
通算9アンダーは12位タイにも「しょぼいスコア」と、自嘲の笑みだ。

賞金レースを争うランク2位の片山は今回3位につけて、1540万1564円差と前週より少し詰め寄られたが「まだ途中だから。これからも、抜いたり抜かされたり、いろいろするだろうからね」と、そちらのほうにはまだあまり意識は向いていないようで、とにかく不甲斐ないこの日のプレーばかりを嘆いていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告