ABC チャンピオンシップ  2007

大会ロゴ

大会記事

伊澤利光「あとは100%に持っていくだけ」

  • photo1

5月の日本プロで、1年半ぶりの復活優勝をあげたものの「あれはたまたまという感じ」。昨シーズン途中にクラブ契約の解除に踏み切ってから、試行錯誤が続いていたクラブセッティングも、40歳を目前にして「年齢にあったスタイルを」と始めたスイング改造も、あのときはまだまだ途上の段階だった。

あれからさらに、30本を越えるドライバーを試し、シャフト交換を繰り返し、硬さを変え、角度を調整し、ミリ単位の吟味を繰り返し、ようやく納得のいくものが出来上がってきた。

懸念していたスピン量も減り、距離感も合ってきた。
「ピンの根元に落ちたのが、3,4メートルも戻るとかいうのもなくなって、アゲンストでも強い球が打てるようになってきた」。

スイングと、クラブのマッチングもぴたりと合って「大きなミスをしても、曲がらない自信がある。スコアが出そうな雰囲気もある」。
この日初日のボギーなしの6アンダーが、何よりその証しだ。

今年、賞金レースを繰り広げている谷口と片山に、伊澤も加えて「3強」と呼ばれたのは2000年から2003年にかけて。毎年、その常連だった伊澤が賞金ランクによるシード落ちを喫したのは昨シーズン。

現在、賞金ランク13位は、今年中に再び名乗りをあげるのは厳しいが、シーズンもいよいよ終盤を迎えた今は、声を大にして言える。
「あとは、自信を100%の状態まで持っていければ、来年にはいけそうな手ごたえがある」。
2001年のチャンピオンは、大会2勝目をその布石にするつもりだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告