ANAオープン 2007

大会ロゴ

大会記事

篠崎紀夫「こんな小さな僕でも」

  • photo1
  • photo2
  • 大会を支えてくださったボランティアのみなさんとの記念撮影会では、自然と万歳三唱が始まって・・・
  • photo3
  • ベストアマチュア賞受賞の池田さん(左)と表彰式で席を並べて感無量・・・!

以前、ゴルフ雑誌の特集で読んだことがある。ツアープレーヤーの「背の低いランキング」。それによると、162センチは杉原輝雄と並び、QT組の上平栄道の158センチに次いで「2位タイ」とあった。
早くも高1で止まってしまった身長は、「サッカーをやりすぎて、足が磨り減ってしまったせいかもね」と、笑う。

小4からはじめたサッカーは、大学から特待生の推薦入学がもらえるほどの力があった。
合格間違いなしの太鼓判を押され、教員を目指して一校に絞った体育大は、なぜか願書提出で落とされた。

当時、普段の生活にはなんら問題ないほどの軽い不整脈があった。
高校の恩師と「そのせいでは」などと理由を探してみたが結局、分からないまま。
行き場を失って「てっとり早くお金を稼げる」と、趣味でたしなむ程度だったゴルフに転向し、プロを目指した。

わずか4年後の92年にプロテスト合格。しかしそれから先の道のりは思いのほか険しかった。
シード権はおろか、出場権すら持てない年のほうがはるかに多く、練習場の給料とレッスン業で食いつなぐ日々だった。

2002年に結婚。
しかし遠征費ばかりか、生活費もいよいよ底をつき、妻・美紀さんが「いつか旅行に行こう」と言ってコツコツと貯めていた「500円玉貯金」まで手をつけた時期もある。

何度も頭をよぎった。
「一生、勝てないどころか、シード権すら取れないかもしれない」。
それでも「ゴルフをやめようと思ったことは一度もなかった」。
いつかは、マスターズや全英オープンに出場できる選手になりたい。
小さな体に大きな夢を詰め込んで、懸命に歩いてきたこの16年。
これまで稼いだ賞金は1636万円。
それを一気に上回る賞金2000万円を手に入れて「何に使ったらいいのか」と、首をかしげて笑わせた。

今週のドライビングディスタンスは「下のほうから数えたほうが早い」56位(平均267.38ヤード)。
「パワーもないし、大きなやつには適わない。でも小さくても工夫すれば、大きなやつに勝てることもある」と胸を張る。

たとえば、先月からバッグに入れた7番ウッド。
「4番アイアンでは無理だけど、これならラフから楽に打てる」と今回も大いに役立った。
人より長いクラブを使う分、磨きに磨きをかけてきたアイアンショット、アプローチとパット。
92年のデビュー戦がこのANAオープンだった。
パワー不足を補ってあまりある小技で他を圧倒し、原点ともいえるここ輪厚で16年越しの頂点に立った。

表彰式のあとの記念撮影で一緒におさまったのは、ベストアマチュア賞を獲得した池田勇太さん。
いまや東北福祉大のエースは、篠崎の教え子だ。
いまから20年前に研修生として入社して、いまも籍を置く所属先の地元・千葉県の練習場『北谷津ゴルフガーデン』が推し進めてきたジュニア育成の一期生が池田さん。

「篠プロ」と呼んで慕い、「中学時代からすでに僕より前に飛ばしたやんちゃ坊主」と、いま肩を並べてここにいる。
“先生”に気を遣い、おどけて腰をかがめた池田さんの笑顔とぶつかって感無量だ。

「ジュニアより小さなプロゴルファーだけど、頑張ればこれだけ出来る・・・。みんながそれを励みにして、もっともっとゴルフが好きになってくれたら嬉しい」。
涙ながらの優勝スピーチは、きっと子供たちの心に届いている。

篠崎紀夫 しのざきのりお
1969年10月24日生まれの37歳。千葉県出身。15歳からゴルフを始める。私立千葉経済高校卒業後に本格的にプロを目指し、現在の所属先でもある千葉県の『北谷津ゴルフガーデン』で修行を積む。
丸山茂樹と同期の92年にプロ転向。しかし出場権にも恵まれない時期のほうが長く、ファイナルQTランク3位の資格で参戦する今季は6度目の本格参戦だった。
今年5月には今大会協賛のゴルフパートナーと用品契約を結んでいるだけに、輪厚で16年目の初優勝は何よりの恩返しに。身長162センチ、体重67キロ。家族は妻・美紀さんと、1歳半の長女・鈴華ちゃん。


» 前のページに戻る

関連記事

広告