ゴルフ日本シリーズJTカップ 2006

大会ロゴ

大会記事

ディフェンディングチャンピオン今野康晴

  • photo1

先週のカシオワールドオープンは、気持ちが揺れ動いた。当時賞金ランクは89位。シード権争いのほとんどの選手が事実上の最終戦を迎える中で、今野ひとりだけ翌週の出場権を持っていたからだ。

今年シード権のボーダーラインは、規定試合数に満たない中嶋常幸(賞金ランク23位)とパドレイグ・ハリントン(同27位)と、タイガー・ウッズ(同50位)の3人をのぞく73位までには違いないが、「来週の今野の結果次第では、73位の選手が弾かれる可能性がある」と聞いて動揺した。

「・・・誰が73番目になるか分からない状況だったし、思わず考え込んでしまった」という。

今野自身は複数年シードを持っているし、来季の出場権を気にかける立場にはない。
それだけに「自分のせいで」というような、複雑な心境に陥ってしまったようだ。

結局、塚田好宣がその73番目の選手になった。
だから、塚田はファイナルQTに向かわざるを得なくなったが、気持ちが吹っ切れたのは塚田のこの言葉があったからだ。

人づてに聞いた。
「僕は気にしてないから、ヤスはそっちで頑張れよ!!」。

今野が賞金ランクによるシード権に食い込むには、今大会で4位以上の成績を残すしかないが、それにむけて前向きにやってみようと考えている。
持病の腰痛の心配はあるが、「3日目くらいまでは、いろんなことを頭から消してやりたい」と話している。



» 前のページに戻る

関連記事

広告