ゴルフ日本シリーズJTカップ 2006

大会ロゴ

大会記事

来季欧州ツアーに参戦! 手嶋多一「目標は1億円です」

  • photo1

先月行われた欧州ツアーのファイナルQスクールで、ランク19位につけて来季の出場権を手に入れた。
11月9日から始まった本番は、想像していた以上に過酷なものだった。
大会は予選4日、決勝2日間の計6日間。
14日には終了するはずだったのだが、大雨のためいきなり初日に競技中止。
2日順延された上に、最終日は再び大雨・・・。

16番ホールを終えたところで再び競技が中断された。
このまま、再開できなければさらに翌日に持ち越す、と大会は発表した。
「・・・無事決勝に進出したものの、このときばかりは『4日間で落ちとけばよかった』と、思いましたね」と、苦笑いで打ち明ける。

しかし心配も杞憂に終わり、約1時間半後に再開されたが、その時点で手嶋のスコアは1オーバー。
「37位前後で、来季の出場権も危ない状態。もうだめだ、と・・・」。
半分、開き直りで迎えた残り2ホール。
17番でチップインパー。最終18番では、グリーン奥からのアプローチでチップインバーディを奪ってイーブンパーまで戻した。
みごと、権利が与えられる30位内に食い込んだ。

来季は、日本とヨーロッパで「ちょうど半々のスケジュール」を予定している手嶋にとって、この今季最終戦でひとつの目標がある。

それは、2001年に続く獲得賞金1億円超え。
今大会で4位内に入れば、達成可能だ。

この日は、227ヤードと距離の長い最終18番で10メートルのバーディパットを決めて66。
通算6アンダー5位タイに浮上して、現実味を帯びてきた。
Qスクール受験のために、秋のビッグトーナメント2戦を犠牲にしているだけに「最後にしっかりと稼いでおきたい」と、改めて気合を入れていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告