ブリヂストンオープン 2006

大会ロゴ

大会記事

手嶋多一「目標は1億円プレーヤー」

  • photo1
  • 荒川詔四・大会会長と・・・
  • photo2
  • photo3
  • 今年もたくさんの地元ボランティアのみなさんにご協力いただきました。「最後まで盛り上げてくださって、ほんとうにありがとうございます!!」(手嶋)

多くの選手がこぞって専属コーチをつける中、手嶋はデビュー当時から誰かに教えを請うたことはない。
それについて以前、こんなふうに言っていたことがある。
「自分のことは、自分にしか分からない。自分にしか解決できない。人の手に、委ねれば委ねるほど僕は不安になるから」。

超・感覚派は、“練習しない選手”としても有名だ。
その傾向は、調子が良いときほど顕著になる。

もちろん、サボりたいからではない。
「自分のフィーリングを大切にしたいから」。

しいていえば、好・不調のひとつの基準にしているのがアドレス。
「目標に対して、常に真っ直ぐ立てているか」。
それさえ確認できていれば、あとは本番。
コースとの戦いに徹するだけでいい。

それを、練習場でむやみに球を打つからいろいろと考えこんでしまう。
「メカニカルにこだわるあまりに、自分の中の良いイメージが消えてしまうのが嫌なんです」。

この4日間、朝スタート前の練習だけにとどめたのもそのためだ。
ショットも、アプローチもパッティングも。ホールアウト後の打ち込みはいっさいしなかった。
その分「趣味の昼寝」に時間を当てた。
プロ13年で培われた本能が、練習の必要はないと告げていた。

特に大会3日目。
朝起きるなり、やけに身体が軽かった。
「ハマれば、相当良いスコアが出る」と確信できた。

それは、これまでの過去4勝でもよぎった感覚。

スタート前、専属キャディの古田土(こだと)和則さんに告げた。
「今日は63を出すよ」。
果たして、予言どおりのコースレコードタイスコアで首位に躍り出たのだ。

目標だった自身初の年間2勝で、獲得賞金も8000万円を超えた。
手嶋がプロとしてひとつの目安にしているのが「1億円プレーヤー」。
それは、日本オープンを制した2001年にも達成したことがいちどあるから、今年は勢いに乗ってぜひ、初の賞金王もねらってみたい。




» 前のページに戻る

関連記事

広告