カシオワールドオープン 2004

大会ロゴ

大会記事

ディフェンディングチャンピオンは今井克宗

  • photo1
  • photo2
  • photo3

昨年の今大会。初日のパー4でチップインイーグル、2日目にはホールインワン。強運に支えられながら3日間、首位の座を守り抜き、2位と5打差でいよいよ迎えた最終日。

スタート前のロッカールームで今井克宗(=写真)は、今まで感じたこともないプレッシャーに押しつぶされそうになっていた。

耐え切れず、思わずこぼれ出たため息を、たまたまそばにいた中嶋常幸に厳しくとがめられた。

「プレッシャーを感じたくないのなら、プロでやる意味がない。お前は、その重圧を感じるために、プロになったんじゃないのか?」。

この言葉に感動し、気合をこめて最後の18ホールをプレー。2位と7打差のブッちぎりでみごと、初優勝をあげた。

あれから1年。
今年10月のコカ・コーラ東海クラシックでツアー2勝目をあげた。さらなる成長をとげて、今週、ディフェンディングチャンピオンが、開聞岳のふもとに舞い戻ってくる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告