コカ・コーラ東海クラシック 2004

大会ロゴ

大会記事

プレーオフの末に今井克宗がツアー2勝目

  • photo1
  • photo2
  • photo3

「競技は3日間競技となってしまいましたが、たくさんのギャラリーのみなさんがご来場くださって、声援を送ってくださいました。
おかげで、『もうひと踏ん張り』『もうひと踏ん張り』と、頑張ることができました。ほんとうにありがとうございます!

そして、テレビの前のお茶の間のみなさん。これからも男子ゴルフは最高の選手たちによる最高のプレーを、最高の舞台でお見せしていきます。

これからも、チャンネルはぜひ、『男子ゴルフ』でよろしくお願いいします!!」
(今井の優勝インタビューより)

※先週のアコムインターナショナルに続き、コカ・コーラ東海クラシックも台風による悪天候のため、54ホールに競技が短縮されました。

それにともない賞金ランキングの加算は、規定により75%となりますが、実際に各選手に支払われる賞金は、主催の東海テレビ放送、東海ラジオ放送、コカ・コーラのご厚意により全額となりました。

なお、2大会(2週)連続の競技短縮は、91年のポカリスェットオープン(4月11~14日、3日目)とブリヂストン阿蘇オープン(4月18~21日、初日)以来のことでした。

» 前のページに戻る

関連記事

広告