~全英への道~ ミズノオープン 2004

大会ロゴ

大会記事

今週、全英オープン日本予選最終戦さらに5人のチャレンジャーが、出揃った

  • photo1

これで全英オープン日本予選の全6試合が終了し、今年の会場ロイヤルトルーンに乗り込む新たな5人の挑戦者が決定した。

この『~全英への道~ミズノオープン』最上位者の資格で初の挑戦権を手に入れた豪州のブレンダン・ジョーンズを筆頭に、全英オープン日本予選ランク2位の S・K・ホ、同3位の神山隆志、同4位のディネッシュ・チャンド 、そして、ラスト1席を勝ち取ったのは今大会5位タイに食い込んだ星野英正 。星野は、三橋達也を約17万円の僅差で逆転し、初のメジャー切符をもぎ取った。

全英オープンの競技委員会ロイヤルアンドエインシェントゴルフクラブ(R&A)の実行委員長リーガル・レイ氏(=写真左)より託された全英オープンの選手バッチをしみじみと見つめながら、「初めてのメジャー戦、失うものは何もない。思い切って戦ってきます!」。大ギャラリーの前で、星野が善戦を誓った。

※なお、今大会で決定した5人のほかに

・世界ランク50位内・・・丸山茂樹、クレイグ・パリー
・昨年の日本オープン覇者・・・深堀圭一郎
・昨年の賞金ランク上位3人・・・伊沢利光、平塚哲二、トッド・ハミルトン
・全英オープンアジア予選・・・塚田好宣

など、今年も多くのジャパンゴルフツアープレーヤーたちの出場がすでに決まっており、来月15日から開幕する世界最古のメジャー舞台を踏むことになっている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告