アジア・ジャパン沖縄オープン 2003

大会ロゴ

大会記事

アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント 第1ラウンドは、雷雨のためサスペンデッド決定

  • photo1
  • コース上空に停滞していた雷雲が、正午すぎ、いきなりキバを剥いた。 激しく閃光がまたたいた直後、ドーンという雷鳴。驚いた選手たちはいっせいにおしゃべりをやめ、一瞬、その場はシーン…と、静まり返った。

 コース上空に停滞していた雷雲が、正午すぎ、いきなりキバを剥いた。
 激しく閃光がまたたいた直後、ドーンという雷鳴。驚いた選手たちはいっせいにおしゃべりをやめ、一瞬、その場はシーン…と、静まり返った。

 早朝には、まだ晴れ間がのぞいていたコース上空は9時を過ぎたあたりから、あっという間に黒い雨雲に覆われて、雷を伴った激しい雨がたちまち選手たちの全身を濡らした。
 9時49分、競技は一時中断。落雷は、サイレンを合図にクラブハウスに引き上げてきた選手たちが再開を待ちわびて、早めの食事をとったり、世間話に興じていた、そのときだった。
 雷が落ちた箇所は、9番ティインググラウンド付近の仮設物の鉄塔部分。その約2時間後の14時00分に、第1ラウンドのサスペンデッドが決定した。
 なお、第1ラウンドの競技再開は翌20日金曜日の8時30分予定。初日のうちにスタートできなかった第1ラウンドの午後組は、当初の予定を1時間10分早め、10時10分にアウト・インからティオフする予定です。

» 前のページに戻る

関連記事

広告