ゴルフ日本シリーズJTカップ 2003

大会ロゴ

大会記事

大会みどころ JGTO競技運営ディレクター 遠藤誠

  • photo1

大会みどころ
JGTO競技運営ディレクター 遠藤誠

「今週は、いよいよゴルフ日本シリーズJTカップ、今シーズンの最終戦です。

この1年、もっとも活躍したジャパンゴルフツアープレーヤーたちが集う最優秀選手決定戦は、今年も東京よみうりカントリークラブで開催されます。

 今シーズンを振り返ってみますと、若手、中堅、ベテランの選手がバランス良く活躍した1年だったといえるのではないでしょうか。この最後の大一番でも、新旧入り混じった熱い戦いが、見られることでしょう。

 コース管理の皆様のご努力とご尽力によりコースコンディションも上々です。今年も、名物の高速グリーンは健在で、ハイレベルな戦いを支えるのに充分な状態に仕上がっています。今年はフェアウェーの幅やグリーン周りのセッティングに若干の工夫を凝らしたことにより、よりエキサイティングな試合が展開されることになると思います。

 勝負のキーポイントとなるのは、9番パー4から10番パー4、11番パー4と、難易度の高い3ホールが連続して続く、東京よみうりのアーメンコーナーです。ティーショット、セカンドショットともに正確さが要求されるこの3ホールを、何事もなくさらりとやり過ごせた選手に、よりチャンスが増えるでしょう。

終盤は攻めのゴルフで、バーディー合戦。特に17番パー5でのバーディーは、優勝争いをしている選手にとっては必須条件となり、豪快なショットが連発されることが期待されます。さらにこの後に待ち受ける難易度1位の18番パー3は、余裕をもって望みたいところです。この18番は、ワンオンに成功しただけではとても安心出来ません。乗せた場所によっては、2パットで乗りきることすら難しく、急傾斜のグリーンが、今年も最後の最後まで目の離せない白熱した展開を、演出します。

この1年間、ジャパンゴルフツアーでは、男たちの様々なドラマが、各会場で繰り広げられてきました。その一つ一つがここ東京よみうりに集約され、今週は、今年一番といっていい、さらに劇的なドラマが誕生することでしょう。

泣いても笑っても、これが今シーズン最終戦です。ゴルフファンのみなさまには、この大舞台を選手とともに、思い切り楽しんでいただきたいと思っています」

» 前のページに戻る

関連記事

広告