ゴルフ日本シリーズJTカップ 2003

大会ロゴ

大会記事

賞金レースの主役・片山晋呉は4番でダブルボギーを打つなどスコアを崩して1オーバー18位タイに後退

  • photo1

「もう、届かないでしょう」
賞金レースの主役・片山晋呉は4番でダブルボギーを打つなどスコアを崩して1オーバー18位タイに後退

賞金ランク1位の伊沢と、同3位の片山の現在の賞金差は約571万円。今週、片山が優勝なら無条件で、2位なら伊沢が3位以下、単独3位なら16位以下という条件付きで、逆転賞金王のチャンスを残していた。

しかしこの日2日目のプレーを終えてホールアウトしてきた片山は、その可能性を自らきっぱりと否定した。

「もう(賞金王は)届かないでしょう」。

4番パー4で、右ラフからグリーン左奥のラフと渡り歩いた末にアプローチが乗せきれず、どうにか1.5メートルに寄せたボギーパットも外した。4オン2パットのダブルボギーだ。

そのあとも挽回するどころかボギーが続き、ようやくあがり2ホールで連続バーディを奪い返したが、本人は『時すでに遅し』と判断したのか。「この2バーディが明日に? …つながらないよ。どうでもいいバーディ」とサバサバとした表情で振り返った。

そのあとも、「もう、今年は良くやりましたということで・・・」「上がりようも下がりようもない順位なんでね」「あと2日、楽しんでやります」「気持ちが切れているわけではない。でもまた来年、・・・かな」などと、2日目にして早くも敗北宣言と受け取れる発言を繰り返した片山だったが・・・。

» 前のページに戻る

関連記事

広告