~全英への道~ ミズノオープン 2003

大会ロゴ

大会記事

『全英よりも優先している』 伊沢利光が単独2位、1年ぶりの優勝を狙う

  • photo1

さらに高いレベルを目指すために、いまがこらえどきだ。2週前、江連忠コーチから言い渡された「アドレスでハンドアップ気味に構えるように」との課題は、「はじめのうちは、たまに大きく右に出ることがあります。それでも我慢して振ってください」とも、忠告されている。
先週も、何発かOBを出しているし、この日初日は2番パー5で、大曲り。隣の3番パー3のグリーンの先まで飛んでしまうトラブルもしでかしたが「しょうがない。あと3週間は我慢してくださいって言われているんでね」と、のんびりした笑顔を浮かべて、いらだつ様子もみせない。
体が、新しい形を覚えて慣れるまでの辛抱、とわかっている。これを乗り越えれば、1年以上も遠ざかっている栄冠もおのずと手に入る、と悟りきっているかの表情だ。
今週は、全英オープン日本予選の最終戦。だが、伊沢の頭の中にあるのは、優勝のニ 文字だけだ。
「全英よりも、(優勝を)優先している。焦るつもりはないけれど、できれば早いほうがいいし、気持ちさえ前向きに盛り上がってくれれば」。
5アンダー、単独2位でスタートを切ったこの日初日が、復活の序章となるか。

» 前のページに戻る

関連記事

広告