ダイヤモンドカップトーナメント 2003

大会ロゴ

大会記事

『やるよ、今週は』 またまた“優勝請負人”ヨコシン効果、桑原克典が2位タイ浮上

  • photo1

報道陣に囲まれて、質問に答える桑原のそばを、得意げな視線を送りながら通り過ぎ る選手がいた。
横田真一だ。
その表情は(ね、桑原さん、僕の言ったとおりでしょ?)と言わんばかりだ。
最近の横田は、選手間で“優勝請負人”として人気急上昇中だ。自ら、レッスン本を 出版しそれがベ ストセラーになるくらい、スイング理論を語らせたら天下一品。
練習場では、そんな 横田のまわりに は自然と人が集まってきて、にぎやかに、ゴルフ談義が始まる。その中のなにげない 会話にも、注目 するべきヒントが詰まっていると評判なのだ。
今季2勝をあげている宮瀬も、その恩恵に預かった一人だし、その週、いきなりパッ トの調子が良くな った選手に理由を聞けば、ほぼ確実に「横田」の名前が出るほど、“貢献度”が高 い。
そしてこの日2日目、2位タイに浮上した桑原から、またまた「横田」の名前が飛び出 した。「横田君 のおかげで、今日は最近になくパットが良かったですね」
普段から「選手の中で僕が一番かも」と本人も豪語するほど、桑原はツアーでもパッ トの名手のひと りだ。しかし最近は、「誰でもいい、良いヒントを教えて!!」と悲鳴をあげたくな るほど、不振に 陥っていた。誰に聞いても良い解決法が得られず、とうとう、今週すがったのが横田 だったのだ。
早速、桑原のパッティングを見て横田が出した診断は、「非常に感覚的なことなの で、文章にはしづ らい」(桑原)ということだが、少し要約してみると「桑原さんがもともと持ってい る感性に頼って 、ヘッドの重みを感じながら振り子みたいにパットしてみたらどうでしょうか」。
これでたちまち、桑原の感性が呼び覚まされた。「今日なんかは不安だったショート パットだけじゃ なく、すんごく長いのまで入っちゃったんだ!」。前半の11番の8メートルのバー ディチャンスのほか 、ティショットを木に当てた大ピンチの5番パー4でも、助けられた。なんと15メー トルものボギーパ ットを決めて、「ナイスボギー!」うまく切り抜けることができた。
「もともとパットがうまい僕だけど(笑)たまには不調になってこうして、新しい意 見を取り入れる のが、成長過程において非常に大事なんです」と桑原。今のところ、ショットに不安 材料は見当たら ないという。その上に、懸念のパットが良くなったとなれば「やるよ、今週は」。あ とは、4年ぶりの 優勝に向かってひた走るだけだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告