日本オープンゴルフ選手権競技 2002

大会記事

「日本の皆さんにもみとめてもらいたい、と頑張ってきた」

  • photo1

デービッド・スメイルの父、ジョンさんは初来日で、息子の初Vを目撃!

言葉はなくとも、その表情で、充分にわかりあえた。
勝負を決めた18番グリーン上。
デービッドの父・ジョンさんが、ロープの外から、そっと笑顔でこちらを見ていた。
「ああ、父さんも、心から喜んでくれている…」
その瞬間、デービッドの喜びも、倍に膨らんだ。

ジョンさん(63歳)は、今回が初めての来日だった。
デービッドの母・べヴさん(59歳)と先週日曜、千葉県・成田の自宅に到着し、孫たちと再会した。
今回の会場、下関GCはかなり遠いので、息子のプレーは今週、自宅近くの袖ヶ浦で行われるブリヂストンオープンで、じっくりと観戦するつもりだった。


だが、前日3日目にトップに立っているという知らせが入り、「いてもたっても、いられなくなってしまったんですよ」。
孫たちはひとまず、ベヴさんにあずけ、嫁のシェリーさんと一緒に、駆けつけたのだ。


(デービッド、とうとうやったな!!)
初来日で、思いがけず初Vの瞬間を見届けることができたジョンさんは、シェリーさんと抱き合う息子の姿に、目を細めた。


「あの子は、本当に素直で優しい子だけど、非常に頑張り屋さんでもある。日本のみなさんにも早く認めてもらいたいと、いつも一生懸命にゴルフに取り組んできたんです。それが実現して、きっと満足していることでしょう。私ですか? …そりゃあもう、私だって大満足ですよ!!(笑)」


息子と一緒に、記念撮影に収まるジョンさんの表情は、どこか誇らしげだった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告