日本オープンゴルフ選手権競技 2002

大会記事

「風邪気味みたい…」

  • photo1

4位タイの深堀圭一郎

大会名物の“ラフ”が、今年は天候の影響で予定よりも短く、平均80ミリ。
「これでラフが深かったら、お手上げ状態だったね」(9位タイの細川和彦)などと、ラフの成長が止まったことを歓迎する選手も多い中で、ひとり深堀は、不満げだ。
もともと、深いラフも苦にしないロブショットの名手だが、「今回は思ったより浅く、クラブヘッドが弾かれて、飛びすぎてしまう」。
得意のワザが、発揮しづらい状況なのだ。
しかも、小さく起伏の激しいグリーンに、目の強い高麗芝は読みづらい。
7番でカラーから1メートル、8番では80センチのバーディチャンスが決められず「パットは、風邪気味(苦笑)。もったいないことをしました」と、表情は曇りがちだ。

それでも、始まる前から「自分には相性が悪い」と判断し、予選落ちも覚悟したコースで、4打差4位のV争い。
2週前から使い始めたナイキのニューアイアンのロフトを、0.5度ずつひらいたことで「前は5ヤード飛びすぎだった距離感が、今週ようやく合ってきた」と、17番パー3では2Iでのティショットを5メートルにつける見せ場を作るなど、好材料もある。
「68のスコアはまずまずだし、楽しい位置で終われたのは良かったかな」
不満を残しながらも、なんとか自分を納得させた深堀。
ケガから復帰の初Vは、ぜひ、日本タイトルで飾りたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告