日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

伊沢利光VS桧垣繁正の1回戦

  • photo1
  • photo2

伊沢利光がエキストラホール1ホール目に1UPで、1回戦突破

勝った伊沢のはなし:

 「前半は、ずっとこちらが有利で来ていたのに、14番パー5の第2打で、番手ミス。昨日よりも20ヤードも後ろだったのに、風もフォローだったし、『昨日より、1番手大きい3アイアンでもいいかなあ…』と思って打ったら、全然、届かなくて。
 あそこから、ゲームの流れを忙しくしてしまいました。
 また、1回戦で負けちゃうのか、とヒヤヒヤしましたよ(笑顔)。
 出だしの3、4ホールで、ティショットの感じがよく、よし、がつんといこうか、と思ったら、失敗しちゃったんですね(笑)。
 それでも、全体的なプレーの内容は悪くなかった。ティショットも思ったとおりに打てているし、納得できるゴルフ。
 マッチプレーは、終盤のほうになれば、駆け引きもする必要があるかもしれないけれど、まずはティショットがうまく打てて、ある程度、自分のペースでプレーができれば、そこそこ、勝ちあがっていけるはず。
 …ただ、これまで出場した中で、2回戦以上に勝ち上がっていけた経験がないのは、1回戦で勝ったら、そこですっかり安心してしまっていたから(笑)。
 だから今年は、2回戦以降も、油断しないでいこうと思っています」

» 前のページに戻る

関連記事

広告