日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

鈴木亨と近藤智弘の1回戦

  • photo1
  • photo2

マッチプレー初出場の近藤が、2アップで勝利


勝った近藤のはなし:

 「今日は、お互いにすごく良いゴルフ。僕は前半5バーディ、鈴木さんは6バーディ。取って取られてという厳しい展開でしたけど、今回は、僕がたまたま、勝てた。
 バーディ合戦でとてもきつかったけど、なんとか、鈴木さんのペースにはまらずに済んだという感じでした。
 学生時代のマッチプレーは、ボギーはなるべく打たずに、バーディを2、3個取っておけばいつでも勝つ気でやれたし、実際に勝てたけど、ツアーはそうはいきません。
 メンバー的にも技術的にもきつい。
 誰と当たっても、苦しい戦いになると思うけれど、明日以降も、今日みたいなペースでやれたらいいなあ」



敗れた鈴木亨のはなし:

 「近藤は、いま、調子が悪いとか言っていたけど、『本当なの?』と言いたくなる感じ。
 終わったあとも、『今日は、たまたまですよ』なんて言っていたけど、こんなときに限って“たまたまのゴルフ”をしないでくれって、言いたくなるよ。
 前半、難しいバーディパットとかも決めることができて、『ああ、監督(先週亡くなった日大の竹田昭夫監督、この日木曜日がお葬式)が、見ててくれているんだな、って思ったんだけどね。
 今日は、自分でも、良いゴルフができていたと思うんだけど、『最後は自分の力でゴルフをしろよ』って、監督が、喝を入れてくれたんだ、って思うようにします」

» 前のページに戻る

関連記事

広告