日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

久保谷健一と藤田寛之の1回戦

  • photo1
  • photo2

藤田が、4アンド3で勝利

勝った藤田のはなし:

 「今週も、新しいクラブの効果が出ています。
 これまで、2つで届かなかったパー5が、狙えるようになった。
 ショットでポカせず、良いパットが決まれば、誰と当たっても、そこそこ勝負できるという心の余裕もあります。
 こういうときに、一気に上に行きたい。

 マッチプレーは、強い集中力が要求される、ミスのできないゲーム。
 ゴルフの原点とも言われていて、とても、やりがいのある試合です。
 まだ、シードの取れない時期には、手の届かない夢の大会で、それに出られるようになっただけでも、幸せだという気持ちもあります。
 こんな試合で、一度は勝ってみたいもの。
 …まあ優勝、とまではいかなくても、なんとか上位に食い込みたいものですね」




敗れた久保谷のはなし:

 「最近、腰を痛めてしばらく、クラブが振れなかった時期もあって、最近は、まったく試合勘も出なくて。
 それも、終始攻めていかなくては勝負にならないマッチプレー競技ならば、良い感覚が戻ってきてくれるかなと思ってこの日を迎えたんですが…、やっぱり、ダメでしたね。
 初の1回戦負け。
 気合いを入れてきたんですが、今日は、自分に負けてしまったかなあ、という感じかな。
 自分で自分を追い込んでしまった。
 今日は、グリーンに乗せるのが精一杯のゴルフしかできませんでした」

» 前のページに戻る

関連記事

広告