日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

細川和彦

  • photo1

出だしで3ダウンを食らいながら、6番から5つ連続の猛反撃。
 9番のイーグルで、マッチイーブンに戻すと、10番で逆転に成功だ。
 細川が振り返る。
 「最初はどうなることかと思ったけど(笑)。5番で、1メートルのパーパットを入れたのが大きかった。あそこで4ダウンにしていたら、きっと、勝てなかった」
 チャンドの先制パンチにも高い集中力で立ち向かい、流れを自分に引き戻した。
 「こういうゴルフが、普段のストロークプレーでもやれないものか、と(笑)」
 初のベスト8進出には、「すっごく嬉しい。いつも、2日目には、帰っていたからね」と、自然と、頬も緩んだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告