日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

3回戦 宮瀬博文VS細川和彦 宮瀬が、1UPで細川を下す

  • photo1
  • photo2

敗れた細川のはなし:

「最後は、フェアウェーからの第2打を、左林に入れて、ボギーで負け。下が泥で、打った瞬間、(左に行く!)と感じたショット。しょうがないですね。
今日は、僕もアンダーパーでまわれたし、納得のいく負け方。やるだけやったし、悔しさはない。むしろ、とても勉強になったと思う。
今後のストロークプレーにプラスになる、良いゲームでした。
病気をする前の、調子の良いゴルフに、少し、戻ってきたような気もします。
相手の宮瀬君には、このまま、頑張って優勝してくれって言いたい。
自分は、優勝した相手に負けたんだって思えたら、悔しさも減るからね(笑)」

» 前のページに戻る

関連記事

広告