日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯 2002

大会記事

3回戦 佐藤信人VSデービッド・スメイル 佐藤が、1UPでスメイルを下す

  • photo1
  • photo2

3回戦で佐藤に敗れたスメイルの話:

「今日も、昨日のハミルトンとの2回戦のときと同じように、あまり差が出ず、最後までどうなるかわからないゲームで、とても疲れましたね。
昨日よりも、ちょっとゴルフのリズムは悪かった。パッティングは悪くなかったんだけど、ティショットがね。
最後の18番も右の林に打ち込んでしまい、そこからの第2打も、木に当たって戻ってきてしまいました。
3打目はグリーンオーバーだし、散々でした。
14番で1メートル、15番で6メートルのバーディパットを決めて、一瞬、流れを掴みかけたのですが…。17番の3メートルのバーディパットがカップに蹴られたのが痛かったですね。
それに比べて、相手の佐藤さんは非常にステディなゴルフを、していましたよ」

» 前のページに戻る

関連記事

広告