日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

「大会概要と出場選手について」

  • photo1

勝俣功・大会副会長(日本プロゴルフ協会)


 「当・日本プロゴルフ協会の一大イベントであります日本プロゴルフ選手権大会、今年で69回を迎えます。
 大会概要は、前年度とさほど違いはありません。ただし出場資格の中には若干、変化がありまして、ツアーのシード選手の出場人数が、60人から70人になりました。
 出場総人数は、156人で、大会を盛り上げます。
 この大会は、シード選手その他のカテゴリー選手を除いて、選手権競技にふさわしく、幾多の予戦会をクリアしてきた選手たちを中心に、開催されます。
 2001年度は、出場権を持たない518人の選手が予戦会に参加しました。
 また、そのほか、前年度同様インストラクター選手権大会の優勝者、あるいは、オークヒルズで行われた新人戦の優勝者を含め、883人もの選手が予戦会に参加して、大会当日を迎えるのです」

» 前のページに戻る

関連記事

広告