日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

▼ 上位選手のコメント 「半分、おっかなびっくり」

  • photo1

首位タイの久保谷健一


 10番で手前に落としたボールが奥にこぼれ「練習ラウンドからまわっているけど、今日はグリーンが一番硬かった」とグリーンにてこずりながらも、5バーディ、2ボギーとスコアをまとめた久保谷健一が3アンダーのトップタイと好発進。


 「10番で相当硬いなという感じました。寄せに行ったのが2メートルもオーバーしたり。警戒しすぎてショートというのも多かったですね。でも、ショートするぐらいの感じでちょうどいいかなあ・・・。日本プロは、多少難しいセッティング、半分おっかなびっくりというか、怖がりながらやっている分、怪我が少なかったような気がします。
 全部狙いに行ったら、ドツボにはまってしまいますよね。
 明日は午後スタート。午後は風が吹きそうで、耐えなきゃいけないゴルフになると思います。
 今日のアンダーパー貯金にしておきたい。明日はアンダーパーを目差すより、オーバーパーを叩かない、イーブンでまわるようなゴルフを頭に入れながらやります」

» 前のページに戻る

関連記事

広告