日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

▼ 初日、トピックス 「とにかく、勝ちたいんだ」

  • photo1
  • 5連続目の9番は、1.5メートルを沈めてギャラリーの歓声に応える。

東聡は昨年の雪辱戦


 出だしの3連続ボギーで、東の脳裏には昨年の屈辱がよみがえっていた。
 3日間、トップを走りつづけて迎えた最終日、スタートの4ホールで3ボギー。
 佐藤に、あっけなく首位の座を譲り渡し、反撃のきっかけもつかめないまま2位に甘んじた。
 嫌でも、昨年の光景をほうふつとさせるこの日のスタートに、「今週も、これで終わりかなあ…と思ったね」と東。
 「でもね、この次のホールがパー3だったから助かった。ほっと息がつけたよ。次もミドルだったら、5連続ボギーくらいしてもおかしくない雰囲気だった」


 フォロー風の4番パー3で楽々パーが奪えたことをきっかけに、どうにか息を吹き返し、続く5番パー4では、8番アイアンで1メートルにつけバーディ。
 これを皮切りに、怒涛の5連続。


 「後半からは、16番で15ヤードくらいをチップインしたり、もうイケイケだった。(1日)3(アンダー)×4(日)で、12アンダー優勝! …なんてウソだけどね(笑)」。
 おどけて笑って見せたが、目は真剣だ。昨年のリベンジだけを照準に、大会に乗り込んできた。


 「…昨年の負け方が負け方だけに、今年こそ、なんとか勝ちたいんだ」と、最後に本音がちらり。
 この大会での“勝利”以外に、東の気持ちが晴れることはなさそうだ。


» 前のページに戻る

関連記事

広告