日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

▼ 上位選手のコメント 「ディーンが“去年の俺”なら、付け入るスキがある」

  • photo1

通算2オーバー、単独2位の東聡は2年連続の最終日最終組だ


 「今日は、6番のダボで終わった。…左のラフから、ミスして出すだけ。そこから手前のバンカーに入れたら目玉のホームラン。あれで、追う気持ちがなくなってしまった。
 今日は初めて“攻めるホール”と、“逃げるホール”を、まったく分けてやってみたんだ。
 取りたいと思ったホールは、攻めて、パーでいいやって感じたホールは完全に逃げて…。でも、バーディパットがまったく読めてなかったからね。なんだか、ラインがすっかり見えなくなってしまって、打ってみたらまったく逆だったというパターンが多かった。


 このコースは、追う方は、とにかくつらい。
 こっちは、とにかくボギーを打たないで、稼げるところは稼ぎ、あとは相手がミスしてくれてやっと勝負になる感じ。
 ただ、ディーンが去年の俺になれば、付け入るスキはあるかもしれない。
 今のディーンは(最終日首位スタートした)去年の俺と同じ立場。
 勝ちたい、という気持ちが強く出れば出るほど、何かが出てくるかもしれない。
 去年、彼は初優勝をして、そのあと、そんなに調子が良くない。もちろん、勝ちたい気持ちが強いだろうからね。去年の俺と同じ気持ちになった瞬間を見逃さず、そこに付け込めるか。
 そういう意味では、ディーンと同じ最終組でのスタートってのは良かったのか悪かったのか…。でも、2年連続の最終組っていうのは何か縁があるのかもしれないと、自分に期待をしながらやるしかない」

» 前のページに戻る

関連記事

広告