中日クラウンズ 2001

大会記事

「去年の佐藤、一昨年の米山・・・今年は日下部!!」

  • photo1

スィング矯正中の日下部光隆が、3年ぶりのVに色気


 コーチの井上透さんと、スィング矯正中という日下部光隆が、好位置で決勝ラウンドを迎える。
 「前半は、フェアウェーキープ率は抜群だったけど、後半、いつもの課題ができなくなってきて・・・。出来ないと、ショットは左に行く。原因はちゃんとわかっているんですけど・・・。もともとのスィングがひどかったから、そんな急にはできないです」と話すが、昨年シーズン終盤からトップ10入りが増えるなど、徐々に感触が良くなっていることは、本人が一番感じているところ。
 2番で、残り210ヤードの第2打をOKにつけてイーグルを奪うなど、前日に続き66でまわって通算8アンダーと順調にスコアを伸ばした。


 同じ井上コーチの門下生の佐藤信人が昨年、ブレーク。一昨年前は、米山剛が初Vから一挙に年間3勝をあげる快進撃。
 「今年は日下部!!・・・といきたいんですけど・・・。ムリかなあ?」
 3年ぶりのツアー4勝目に色気を見せている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告