中日クラウンズ 2001

大会記事

「勝負せざるを得なかった」

  • photo1
  • 9番も、奥からのアプローチ。うまく寄せて、パーで切り抜けたが・・・。

渡辺司は、18番で痛恨の3パット


 小技で勝負する」と最終日に臨んだ渡辺。
 前半は、アプローチに冴えを見せ、クラークがボギーとした11番、13番でバーディを奪って通算10アンダーで並ぶ健闘も見せたが、続く14番で、グリーン左にはずしてボギー。
 バーディを奪ったクラークと、再び差が広がった。 3打差で迎えたラスト18番は、第2打をグリーンオーバー。パターで1.5メートルに寄せたものの、これがカップをクルリとなめて、ボギーフィニッシュに、「キャリーでボールは届くのに、グリーン上で止められなかった」と、悔しがった。


 「今日は、ティショットがラフに行くことが多くて、セカンドがオーバー目。キャリーで届くのに、グリーンに止められなかったんです。
 10番で、やっとフェアウェーに行ったと思ったら、それもオーバー。風の調整のミスですね。
 でも、しょうがない。今日は行くしかない状況だったし、勝負してはいけないホールで、勝負せざるを得なかった・・・。
 勝ったクラークは、総合力がありますよね。
 僕は総合力を上げるのは、無理だから、自分のできることの中で、精度を上げていかなくてはいけません」


» 前のページに戻る

関連記事

広告