中日クラウンズ 2001

大会記事

ダレン・クラーク、日本ツアー初V

  • photo1

 「あと一息というところまでいきながら、何度も逃してきた日本での初V。ようやく念願がかないました。
 後半の11、13番でボギーにしたときは、『いったい俺はなにやってんだ』とすごく腹が立ちました。
 ディーンさんと、渡辺さんにも並ばれ、過去のことを思い出し、『もしかしたら、また負けるかもしれない』と、一瞬、嫌なムードになったんです。でも、14番で『なんとかしなくちゃ』と思いながらティショットを打ったら、それが非常に良いスィングができた。それで、また波に乗れたのだと思います。
 本当に嬉しい。ずっと日本で優勝したかったんです。名古屋で、それが実現できて、本当に幸せです。
 応援してくださった日本のみなさん、ありがとうございました」

» 前のページに戻る

関連記事

広告