サン・クロレラ クラシック 2001

大会記事

「月までは、たどり着けず!」

  • photo1
  • photo2

18番のイーグルなどで通算3アンダー6位タイに浮上した片山晋呉は再来週の全米プロにむけ確かな手ごたえ


 「今日のゴルフは、いったんシャトル発射はしたけど、月(優勝)まではたどり着けずに帰ってきた、という感じだったね!!
 でも、再来週の全米プロにむけて、かなりの手ごたえ!
 昨日の9番ホールでつかんだものが、残りの27ホールにつながった感じ。
 今週は、毎日、ドライバーを変えたんだけど、今日使ったのは、ロフト10.5度の新しいもの(ダンロップ ゼクシオ)。
 それがすごく良くて、振ったら振ったとおりの距離、弾道、高さが出て最後の18番(507ヤード)なんかも、残りグリーンエッジまで198ヤードまで行ってたんだ。そこから7ウッドで2オンさせてイーグル。打ち出し角度も高くなって、10ヤードは飛距離が伸びていると思う。
 ずっとダンロップのスタッフと意見交換しながら、苦労してやっと完成したドライバー。
 データ的に見ると、僕には合わないかな、と思うんだけど、実際に打ってみると、すごく良くて。
 ティショットでの不安が無に近い。全米プロにも、もちろん、このドライバーを持っていくつもりです。
 自分でこうしたい、と思うことと、ゴルフ、クラブがあってきたという感じ。
 こんなに難しいコンディションでも、ここまでやれたってことで、すごく気持ちが乗っています。
 こういう自分なら、もしダメでも“じゃあ、ああしよう、こうしよう”っていろいろ試せると思う。
 全米オープンや全英オープンは大会までに調整が間に合わなくて、そういう自分になれなくて、ちょっとのミスでも、すぐに弱気になってしまってたからね。
 渡米前に、こんな気持ちになれたのは初めて。今回は、この気持ちのままアメリカにいけたらいいなって思うよ」



★ 最終日、片山晋呉は、18番ホールにかけられていたイーグル賞を獲得。

 前日3日目に、イーグルを奪った地元・北海道出身の高見和宏と賞金200万円を分け合った。
 一方、この日の高見は、前半の5バーディでスコアを伸ばしたが、後半失速。
 3ボギーを打って、通算2オーバー22位タイまで順位を下げて、「前半のうちに、嫌な距離のパーパットを打ってなかったから、後半は全然、入らなかった」と、ガックリ。だが、「それでも、今は(持病の)首の痛みもほとんどないし、かなり良いイメージでクラブが触れてきている」と、手ごたえを掴んでいる様子だ。
 来月9月、再び故郷の北海道で行われる全日空オープンにむけ、「好きなコースだし、この調子で頑張りたい」と意欲を見せていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告