日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップ 2001

大会記事

宮本勝昌が、今年のツアープレーヤーNO.1に!!

  • photo1
  • photo2

「実は昨日の夜、師匠の芹澤さんから、電話をもらって、“明日は、絶対に4アンダーでまわって来いよ”と気合を入れられたんですんです。“明日は、68で回って16アンダーにすれば、きっと勝てるから“って。
 でも、今日は朝からすごい強い風が吹いていて、“この状況でも、68で回れってことなのかなあ・・・”って、ちょっと弱気になったんですけど、それでも今日は、ひたすら芹澤さんの言葉だけを目指して頑張りました。
 ツアープレーヤーNO.1を決めるという、レベルの高い大会でこうして優勝することができ、今回、僕の中では、これまでのどの優勝よりも、“勝ったんだ”という実感が強い試合となりました。
 僕自身、2年半ぶりの優勝です。
 その間、何度か勝てそうで勝てない試合が続き、去年はほかの選手のボールを間違って打って負けたりという苦い経験もあったんですが、今はあの事件も、今回の優勝のためにあったんだと思えますね。
 今年は、この1勝だけでなく、もっとたくさん勝ち星を重ねて2年半の埋め合わせをしたい。

 ツアーのメインスポンサー・株式会社イーヤマの勝山社長、JGTOの島田幸作チェアマン、すばらしいコースを作ってくださったグリーンキーパーの鈴木さん、大会関係者のみなさま、最後まで大きな声援を送ってくださったギャラリーのみなさん、そして、今大会も、たくさんのボランティアの方々が、お手伝いくださったと聞いています。
 僕らプレーヤーからは、いつも、“ありがとう”という言葉しか言えないのですが、今回に懲りず、来年再来年もまたここにきて、大会を盛り上げていただきたいと思います。
 今日は、本当にありがとうございました」

写真下: イーヤマの勝山和郎社長、JGTO島田幸作チェアマン、そして、ボランティアのみなさまと―。(大会は、延べ800人を超えたボランティアのみなさまのおかげをもちまして、大成功裏に終了しました。ご協力、まことにありがとうございました)

» 前のページに戻る

関連記事

広告