ゴルフ日本シリーズJTカップ 2001

大会記事

「芝の違いで、ナーバスになっている」

  • photo1
  • この日初日のスタート前に行われた、恒例の開幕セレモニーで、ワールドカップコンビの伊沢と一緒に、記念撮影に収まった丸山(右)。

2年ぶりの出場の丸山茂樹、4位タイ

 「ボギーがあっても、バーディが多ければいいんです。チャンスパットをいくつか外しているけど、強気で打って外れているからしょうがない。高速グリーンは何かしらのハプニングはありますから。他の選手も、もっと、やってることじゃないですか?
 前半は、ちょっとセカンドの距離感が不安で、スィングがちゅうちょしてしまいました。届くか、届かないか、わからなくて・・・。
 風邪の計算がものすごく難しいコースですね。アメリカと比べると湿度があるせいか、あまり飛ばない。フォローではそうでもないんですけど、アゲンストのときはものすごく神経を使います。ちょっとヘッドの入り方が悪かっただけで、スピンの量が変わってしまうので、そういうのでナーバスになっているようです。
 (今季日本ツアー初登場だった)ブリヂストンオープンのときと比べれば、時差ボケがないし、ワールドカップで、太平洋の御殿場コースもやっているので、今日は、悪いなりにも、まとめられた感じ。・・・まあ、明日からも、頑張りますよ」


» 前のページに戻る

関連記事

広告