タマノイ酢よみうりオープン 2001

大会記事

投げ込んだウィニングボールは2つ

  • photo1
  • photo2
  • photo3

福澤義光は、奇跡的なイーグルパットを勝利へとつなげた


 ボールが、カップ手前5メートルに差し掛かったとき、福澤は、「入る」と確信していた。
 「始めフック、最後は真っ直ぐ」と読んだ20メートルものイーグルパットは、思いどおりのラインに乗っていた。
 「スーっと転がっていて・・・ゾクゾクしていた。まさかっていう距離が、ど真ん中から入って・・・。あんなのもう、二度と入らないよ(笑)」


 本戦の18番、通算16アンダーで先にホールアウトしていた鈴木亨と並び、プレーオフ進出を決めたパッティング。
 歓喜のあまり福澤は、沈めたばかりのボールを拾い上げ、思わず、観客席に投げ込んでいた。まるで、ウィニングボールのように。



 「最高に、気持ちよくて・・・。
 あれは、雑念もなにもない、パッティングでした。
 ただ、“こんなチャンスはめったに来るもんじゃないんだから、結果、2パットでも3パットでも構わない、とにかく、悔いの残らないパットをしよう”と決めて、打ったんです。
 それが思ったとおりに寄っていって・・・。
 あのイーグルがあったから、プレーオフホールでは、まったく緊張がなかったですね」


 振り返れば、11番。前の10番で、フェアウェーからのボールをボギーにして、落ち込んで迎えたホール。
 ここでも、フェアウェーから残り144ヤードのセカンドショットをミスし、グリーンから20ヤード離れたバンカーに打ち込んだ。
 「また、ボギーにするのか・・・」
 自分に対する情けなさでいっぱいになったが、懸命に気持ちを奮い立たせ、アプローチで1メートル半に寄せてパーセーブ。
 「きっと、ここで2ホール続けてボギーにしていたら、諦めていたと思う・・・。
 実は、11番が、今日のキーホール」



 3打差2位スタートのこの日は、「最終ホールで、V争いの中にいること」を目標にスタートした。


 通算14アンダーでターンすると、首位を走っていたはずの宮本がスコアを落とし、自分が、宮本、鈴木とともにトップで並んでいることを知った。
 直後の10番は、「体が硬くなるかな」と懸念したが、ティショットは、芯を食っていた。
 セカンドをミスしてボギーとしたが、次の11番で、そのミスを生かせた。


 17番では、1.5メートルのチャンスパットをはずして悔しがったが、18番のティショットは無心だった。
 それまでは、同組の深堀に、20ヤード以上は置いていかれていたティショット。
 このホールに限っては、その深堀を、「なぜだか」20ヤードもアウトドライブしていた。
 約320ヤードも飛ばし、残り237ヤードの第2打を、スプーンで乗せてつなげた、奇跡のイーグルパットだった。



 「あのティショットがなかったら、プレーオフはありませんでした。
 イーグルがなかったら、亨君に追いつくことはできませんでした。
 11番がボギーだったら、勝てませんでした。
 前半の頑張りがなかったら、いま、僕は、ここにいない・・・」。


 プレーオフに競り勝った福澤は、2メートルのバーディパットを拾い上げると、改めて、“2個目”のウィニングパットを、観客席に投げ込んで「今回の勝ち方、なんだかすごく、かっこ良くない」と、おどけてみせた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告