ダイヤモンドカップトーナメント 2001

大会記事

「今年も、手ごわい舞台」

  • photo1

JGTO遠藤誠・競技ディレクターが、今年のコースを解説


 「毎年、日本全国の名・難コースを転々とするサーキット方式で行われてきた今大会、今年は、茨城県の大洗ゴルフ倶楽部にやってきました。
 ここ大洗は、98年に日本オープンが行われ、ファンのみなさまには、当時の難コースのイメージが、いまだ強く残っておられるのではないでしょうか。


 あのときほど、ラフはきつくないものの、ここ大洗は、各ホールが木でセパレートされてショットの落としどころは非常に狭く、また、日によっては海からの風が吹き荒れ、選手たちにとっては、今年も手ごわい舞台であることには違いありません。


 コース攻略のポイントは、まず5番。
 455ヤードのパー4は、ちょうどティショットの落としどころ右手に木がそびえ、しかも、やや右にドッグレッグしています。
 ティショットのポジショニングに失敗し、右の木の方向に打ち込むと、ボギー、ダボを覚悟しなければいけない難ホール。
 前半は、ぜひこの5番を無難にこなして、ターンの10番を迎えたいところです。
 10番は、比較的やさしいパー5です。
 ここで、最終日までに、いくつバーディを取っておけるかが、最後の最後で、運命をわけるキーポイントになってくるはず。
 決勝に入ったら、上位選手の10番のスコアを、ぜひ、チェックしてみてください。
 ここのスコア如何で、チャンピオン予想が、できるかもしれません。


 10番のあとも、ティショットのポジショニングに気をつけながら、数ホールを怪我なくやり過ごして迎える16番。
 245ヤードと距離の長いパー3は、比較的、海からのアゲンスト風になることが多く、パーを取るのもやっと、という選手も多いでしょう。
 さらに、17番もやはり、ティショットで右ラフに打ち込むと、パーセーブの難しい、距離の長いパー4が待ち受けています。
 そしてクライマックスは、18番、435ヤードのパー4。
 98年の日本オープンで、あの田中秀道が、右の松林に打ち込みながらも、劇的なリカバリーショットで勝利をもぎ取った、あのホールです。
 田中は、あのとき、幸いにもボギーで乗り切りましたが、18番は右林に打ち込むと、ダボどころか、トリプル以上の大たたきもありえる最難関ホール。
 たとえ、2位に3打以上離してこの最終ホールを迎えたとしても、最後の最後に、大どんでん返しも…。


 選手たちにとっては最後まで気の抜けない鬼門の、あがり16、17、18番は、ギャラリーのみなさまにとっては大変な見ごたえがあり、ドラマティックな展開が期待できるホールです。


 最終日、予報では、大洗周辺は、風が強くなるとの観測も出ています。
 最終日は、あがりの3ホールなどに陣取って、ぜひ、チャンピオン誕生の劇的瞬間を、見守ってください」

» 前のページに戻る

関連記事

広告