ダイヤモンドカップトーナメント 2001

大会記事

▼ 上位選手のコメント 「油断するとダボ、トリ…。ここは最後まで気の抜けないコース 」

  • photo1
  • 「このコースは、『ここに打ったらどうしようもない』という場所があちこちにある」と話す藤田は、ティショットの前にコース地図を見ながら、落としどころを検討中。

難コンディションの中、「パーオンはずしは2回だけ」と手堅いゴルフの藤田寛之


 98年、大洗での日本オープン。3日目、首位と3打差の2位につけていた藤田は、最終日に77をたたいて後退。
 「…そうですねえ…そういうこともありましたね」と遠い目をしながら、「今は、あのときより、アイアンの切れもよくないんですけどねえ…」と藤田。
 そういいながらも、松林が密生し、「1日に最低1回は、木に当たる」といわれる大洗で、「今日は1回も、木に当たらなかった。パーオンをはずしたのも2ホールだけ」と、ショットに安定感を見せ、3アンダーの首位タイ発進。
 「でも、このコースは、油断するとすぐにダボやトリ。最後まで気が抜けません」と、気を引き締める。


 「今日は、風の影響はもちろんあったんですけど、前半の3連続バーディの貯金があったので、余裕を持ってやれましたね。
 でも、コースがコースだけに、ダボ、トリもありえる。何が起こるか分からないコースなんで、堅く、安全に、大きなミスもなく、最終日まで頑張りたい。…ここのところ、最初に良いスコアを出しても、最終日にダメになることが多いんで、良いスタートを切った今日の調子を続けていくことが課題です。


 プロアマ戦のときは、木に当てまくって3オーバー(笑)。同じチームのアマチュアの方に迷惑をかけたんですが、今日はなぜか、1回も当たらなかった。ってことは、ショットがいいってことなんでしょうね。
 この状態が、続けばいいんだけど…。
 僕は、プレッシャーがかかったときに、クラブが振り切れなくなっちゃうんでね。
 このコースでも、風が吹くと、フェアウェーに置こうとして、スィングが小さくなってしまう傾向がある。
 だから、『ラフでも、グリーンが狙える場所ならいい』とあまり考えすぎないように、思い切って振り切っていけたらいいな」

» 前のページに戻る

関連記事

広告