ダイヤモンドカップトーナメント 2001

大会記事

「負けたのは悔しいけれど・・・」

  • photo1
  • photo2
  • photo3

マンデートーナメントから勝ち上がった五十嵐雄二が快進撃


 大ギャラリーの中で、生まれて初めて迎えた最終日・最終組。
 前半こそショットがぶれて、ピンチの連続もあったが、8番からは5バーディで、懸命に食い下がる。


 もっとも当の五十嵐は、そんな自分の快進撃にも気がつかないほど、目の前の1打に集中していた。



 「優勝とかは考えてなかった。ただ、ゴルフをやっていただけで・・・。
 だから自分のスコアにも全然、気が付かなかったんです」


 自宅が、会場から1時間の茨城県・大宮市。
 会場の大洗に慣れ親しんでいた地の利に加え、駆けつけた大応援団も後押しする。
 五十嵐の1打1打に、気合のこもった声援も飛び、ますます、集中力は増していく。


 首位の藤田と1打差で迎えた18番。
 左から、6メートルのバーディパットを決めて、藤田、伊沢とのプレーオフに持ち込んだ。



 その1ホール目は左ガケ下からのアプローチで「さすがに手が震えた」と、グリーンを捉えられずに敗れたが、それでも、五十嵐の表情は、充実感に輝いていた。
 「負けたことは悔しい。でも、プレーオフまで残れたことは、本当に嬉しかった」


 大会が独自に行っている予戦会『マンデートーナメント』から勝ちあがってきた五十嵐の健闘には、観客席からも惜しみない、大きな拍手が贈られた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告