つるやオープン 2000

大会記事

期待の大型新人、近藤智弘。デビュー戦初日は3アンダー、5位タイで好スタートを切った

  • photo1

昨年までの専修大学時代は、日本アママッチプレー、日本学生選手権、アジア大会金メダルなど、数々のタイトルを手にしてきた。待望の"スーパールーキー"と呼び声も高い近藤智弘が、日本ツアーデビュー戦・初日に早くもその片鱗をのぞかせた。
2アンダーで迎えたこの日の18番(パー4)。8番アイアンでピン右手前2メートルを沈めてさらにスコアを伸ばして、5位タイでホールアウトした。
プレー中は、キャディの青山充さん(写真左)と談笑しながら終始、リラックスムード。「もうちょっと緊張したほうがいいんじゃないかっていうくらい、落ちついていました」という。
とはいえ、スタートの1番ティショットは、記念すべきデビュー第1打目。「ああ、これがツアーメンバーとしての第1打なんだな…って、さすがに何かグっと来るものはありましたね」と感慨深げだった。

今回の日本デビュー戦を前に、約1ヶ月間米フロリダ州に渡ってトレーニングを積みながら、ミニツアーやレギュラーツアーのマンデートーナメントに挑戦。腕と試合勘を磨いてきた。アマチュア時代は、昨年の中日クラウンズで8位に入るなどして「ツアーのレベルはわかっています。僕にもベスト10に入るくらいの力はあると思う」と言ってのける。度胸も筋金入り。ものおじしない新人が今週どこまで食い下がれるか、注目を集めそうだ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告