久光製薬KBCオーガスタ 2000

大会記事

「伊沢さんの賞金王は予言していました」

  • photo1

現在賞金ランク首位の佐藤信人。

 現在賞金王トップを走る佐藤信人は、この日71でまわって単独7位。
 6月に勝ったJCBクラシック仙台以来のトップ10入りに「今週はショットがイマイチ。でも、悪いなりに少なく上がれたのがよかった」と満足そうだった。
 今回の伊沢の優勝で、賞金差が約1700万円差に縮まったことについては、「抜かれるのは時間の問題です。僕は開幕から、今年の賞金王は伊沢さんと予言していた」と真顔で話した。


 「伊沢さんは日本人選手の中でも数少ない米ツアーでも通用するショットの持ち主。今回は、出るべくして出た結果です。僕は賞金王の器ではありませんから」


 とはいえ、スタートホールで、『現在、賞金ランクトップを走る佐藤信人選手』と紹介されることはやはり気分がいいらしく、「できるだけ長くそう呼んでもらえるように、伊沢さんの足の指にでもかじりつくくらい、抵抗できれば…」と徹底抗戦の構えだ。
 「そのために、できるだけ早くショットを修正して、来週のマッチプレーに挑みたい」と気を引き締めていた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告