久光製薬KBCオーガスタ 2000

大会記事

伊沢と首位に並んでスタートした杉本周作

  • photo1
  • ラウンド中もときおり伊沢と談笑し、杉本はリラックスしているかのように見えたが…

2位に敗れ「これがプレッシャーかな…」

 優勝こそのがしたものの、「単独2位には満足しています」と杉本。
 今季これまで稼いだ賞金は330万円弱でランキングも105位だったのが、一気に900万円をプラスして42位に浮上し、シードに必要だと予想される金額をほぼクリアしたのだから「ほっとした」のも無理はない。
 しかも、昨年の日本プロマッチプレー選手権から、この久光製薬KBCオーガスタまでの1年間の賞金獲得額で決まる次週のマッチプレーの出場権まで得て、大健闘だった。


 「今日は伊沢さんが良かったから・・・。僕もアンダーパーで回れたし、自分の中では満足しています。
 伊沢さんが6番でイーグルを取って、自分はバーディで、それで差が開いてしまった。やはりあのイーグルは強烈でした。
 今日は僕は、ティショットは良かったのですが、アイアンとパターがいまいち。自分自身は緊張しているつもりはないのですが、これがプレッシャーかな、と思いました。
 69で回りたかったのが本音ですけど、それでもアンダーパーだし、また来週から頑張りますよ」


» 前のページに戻る

関連記事

広告