タマノイ酢よみうりオープン 2000

大会記事

「今日のスコアは謙虚さのおかげ」

  • photo1

『前半で2つ3つ欲しいな』というのを思いすぎたのがありまして、(同組の)佐藤さんと、金さんがスタートからポンポンと(スコアを伸ばして)いったんで、『それに乗り遅れた』いう気持ちがしてしまったんですけど、よく考えたら、1アンダーは別に悪いわけではないのに、欲しがっているところがありまして…。『こういう精神状態からいうと、2、3アンダーくらいまでしか行けないな』と思うことで、落ちつくことができましたね。
で、後半に入って、またいきなりボギーにして(10番)さらに気持ちが落ち着いて、『慎重にいこう、パーでいい』とひいた分、うまくいったのかな。余裕があればバーディが取れる。今日のスコアは謙虚さのおかげといってもいいです。今日は途中までは『8つか9つかな』と考えていたけど、17番を入れて18番をはずしたり、とか、どちらも決められずに終わるのはいやだったから、どうしても18番は決めたかった(18 番、セカンド残り250ヤードを3番アイアンでサブグリーンに。30ヤードのアプローチをサンドウェッヂで1メートルにつけ沈めてバーディ)。明日も今日のように、謙虚な気持ちでプレーできたらいいですよね。
今週は、イメージした以上に調子がいい。プロアマ戦でも優勝しましたしね。プロアマ戦の優勝者は勝てないっていうジンクスがあるけど、そのジンクスは、98年の沖縄オープンで破っていますし(笑)。
ここはアップダウンがきついですけれど、(ヒザを)テーピングでぐるぐる巻きにしているから平気です。夜は少しストレッチをきつめにして、スクワットしたりしている。
今週は、後輩の河井博大君が頑張っていて15番でスコアボードを見たら、同じ7アンダーで並んでいて、『ウワ、やばい!負けられない』と思ってバーディパットを決めました(笑)。
先輩としてはやはり、常に上にいたいですよね。今週、彼はかなりいいひらめきがあったと思います。予選落ちが続いていましたから、まっすぐ打ちたい病、乗せたい病、予選通りたい病が出ていて、かなりクローズスタンスになっていたのを、もう少しオープンにして練習するように言ったらかなりよくなっていたんで、これでよくなったかな、とは思っていたんですけど、…今週は想像以上に頑張っていますね。明日と最終日は、2人で気付けば上にいた、というようにしたいですよね。

» 前のページに戻る

関連記事

広告