タマノイ酢よみうりオープン 2000

大会記事

4日間、“パパ”を応援し続けた順子夫人と賢人君、喜びの声

  • photo1

18番グリーンサイド。残すは、3メートルのバーディパット。その瞬間を、息をつめて見守っていた2人は、球がカップに沈むと同時に笑顔で顔を見合わせ拍手。そして、順子夫人は、長男・賢人君をしっかりと抱き締めた。
父の日に、パパから最高のプレゼント。家族3人の至福の瞬間だった。

「嬉しいです。今日は最後までドキドキしていました。佐々木さん、片山さんが追い上げてきて、16番でバーディを取らないとダメだと思っていましたから、決めてくれたときはホッとしましたね。そして、17番のピンチでも、パーパットを決めてくれて…18番は、イーグルもありえるホールだから、本当に安心しました。
93年のVISA太平洋マスターズでは、18番まで1打差でリードしながら、グレッグ・ノーマンにイーグルで逆転負けをした苦い思い出がありましたから、最後まで安心できなかった。
今日は…というより、今週は、本当にいいゴルフをしていたと思います。今回の優勝は、本当の意味での実力で、勝てた、という実感がある。夫ながら、一皮もニ皮もむけた、という印象がありますね」順子夫人
★ 順子夫人は、女子プロゴルファー。水巻が、93年に米ツアーのQスクールにパス、翌年にシード入りを果すと、共に渡米。フロリダ州アイルワースに居を定め、水巻を支え続けた。


「アメリカにも、父の日があるんだけど、もうとっくに終わってしまったんです。そのときは、なんにもプレゼントしなかったけれど、今回はアメリカから時計をプレゼントに持って帰ってきました。パパが欲しいって言ったから…僕のとおそろいなんだ。
今日は、本当にドキドキしていた。16番ホールまでドキドキしていた。最後まで、頑張って、と思っていた。昔、お父さんが勝ったときは僕はまだ小さくて、よく覚えていないから、今日は本当に嬉しいです」長男・賢人君
★ 賢人君は、米レイクハイランドパーレントスクールに在学中の6年生。日本では、小学校5年生にあたる。現在は、学校が夏休みで7月までは日本で過ごす予定という。日常会話はもちろん英語で、「今は日本語よりしゃべれます。というか日本語はもう忘れちゃったよ」というくらい堪能。将来の夢はもちろん「プロゴルファー」。


» 前のページに戻る

関連記事

広告