ブリヂストンオープン 1999

大会記事

昨年度チャンピオン 佐藤信人

  • photo1

「きょうは気負いもなく、ジェットさんとこういう位置で最後まで接戦している自分を楽しんでいた。結果2位でもいいと思った。ただ、1ショット、1ショットを打つのが楽しかった。
 でも、自分があんなだいそれたことをするなんて…運がよかったんですね。すごく嬉しい。1勝目のときより何倍も嬉しい。1勝目はなんとなく勝ったという感じだった。でも、ずっと『本当の強さは、2勝目をしてはじめてホンモノなんだ』と思っていたから、この優勝は、よけいに嬉しいものでした」―― 昨年度チャンピオン 佐藤信人(98年の優勝コメントから)

 最終日、5年7ヶ月ぶりの復活Vをかけ、尾崎健夫は2位の佐藤信人と2打差の通算13アンダーでスタートしていった。

 だが、いきなり1番パー4で3パットのボギー。2番パー5では、10メートルのイーグルパットも3パットし、不吉な出足となった。

 「グリーンの速さが読めなかった。この2つの3パットはショックだった」尾崎はがっくりと肩を落した。

 対する佐藤も、出足でボギーを叩きつまづいたものの、「優勝の気負いはなかった。ただ目の前の仕事をやることだけ考えていた」と、プレーに集中。尾崎がボギーとした11番でバーディを取り返し、1打差で迎えた18番、パー5。

「自分があんなだいそれたことをするなんて…」と、自身をも震撼させたピンまで6メートルのバーディパット。

 これを沈めてプレーオフへと持ちこんだ。

 その1ホール目。流れは佐藤に来ていた。

 「3打目勝負」と刻んで、ピン上3メートルに3オン。このバーディパットをよどみのないストロークで決めて、佐藤はツアー通算2勝目を飾ったのだった。

 結果的には、18番ホールの“2つのパット”が、佐藤を勝利へと導いた。

 敗れた尾崎健夫は、あとでこう語っている。

 「いまの若い子はパットがうまい。オレたちにはない、いいものいっぱい持っているんだ。それ以上のものを持てない限り、オレたちは消えていくしかないんだよ…」。

 今年、尾崎は雪辱を果せるだろうか。

 それとも、また、新世代のチャンピオンが生まれるのか。

 袖ヶ浦で、また新しい歴史が刻まれる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告