NST新潟オープンゴルフ選手権競技 1999

大会記事

9打差は縮まらず・・・フィジー出身のディネッシ・チャンド

  • photo1

 前半3つのバーディで追い上げたが、9打差を縮められず通算11アンダーで3位タイに終わったディネッシ・チャンド。「自分なりに攻めていたんだけど、やっぱり9打差は難しいよ!きょうはホールロケーション(ピン位置)も難しかったしヘタに突っ込んで行くとスコアに響くからね。しょうがないよ。
 伊沢さんはあれだけリードしてたし、余裕をもってパーオンを狙っているように見えました。ショットも安定していたひ崩れる気配なんかなかったヨ。
 あれではいくらなんでも追いつくことはできない。
 4、5打差くらいなら勝負に出たかもしれないけれど…」

» 前のページに戻る

関連記事

広告