スーパーマリオよみうりオープン 1999

大会記事

元ガンバ大阪(Jリーグ)の磯貝洋光さんが登場!

 野性味溢れる鋭い目付きで、サッカーボールを追う姿が印象的だった。
ゴール目指して縦横無尽にかけた軽やかなフットワークが、いまだに忘れられないでいるファンも多いことだろう。
 元サッカー日本代表として頂点を極めたJリーガーの磯貝洋光さん(ガンバ大阪→ 浦和レッズ、30歳)が、今度はフェアウェーの頂点をめざして、スーパーマリオよみうりオープンでツアー初出場する。
 昨年8月にJリーガーを引退し、ゴルファー転向のため米国フロリダ州でミニツアーに参加しながら、ゴルフの腕を磨いてきた。今回は、主催者推薦アマとして参戦。
 「サッカーという世界で長年、生きてきた私ですが、心機一転、ゴルフ界でチャレンジしなおそうと決めてから、わずか数ヶ月でこのような機会を与えていただき、とても感謝しております。良き経験の場とするとともに、ベストなプレーができるようがんばります」と、サッカー現役時代の“闘争本能”はそのままに、熱く語ってくれた。
 ジャンボ尾崎をはじめ、野球界からの転身は珍しくないが、Jリーガーからとなると、初。磯貝さんの挑戦は、ゴルフファンならずとも目が離せない。

★ 磯貝洋光プロフィール
1969年2月19日生まれの30歳。熊本県出身。サッカーは小3から。名門帝京高校2年のとき、国体で優勝され一躍注目を浴びた。東海大学進学後3年で中退し、92年にガンバ大阪入り。浦和レッズに移籍したのは97年。その間、日本代表として4試合に出場した。天才MFとして名高く、当時日本代表の司令塔・ラモスの後継者という声もあがっていた。176センチ、84キロ。ゴルフのベストスコアは70。平均飛距離は300ヤードを超えるという。

» 前のページに戻る

関連記事

広告