カシオワールドオープン

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

完治までまだ道半ば。それでも堀川未来夢は「イップスになってよかった」

堀川未来夢(ほりかわ・みくむ)がコロナ禍でスタートした動画チャンネルの登録者数は、14万人を超える。饒舌な語り口で切り込むレッスンや、プロ仲間のクラブ紹介は面白くてためになる、と評判だ。 でも、自身が克服につとめてきたパットのイップスについては語るつもりはないという。 理由は「再生回数が伸びないから」と、ユーチューバーの答えは実に明快だ。 人によって症状はそれぞれだが、堀川の場合は特 ...

11人がシード復活。41歳の宮里優作が次週最終戦に飛び込み参戦

長引くコロナ禍で、25人のシード陥落者が出た一方で、復活組は11人(下記一覧)。  ...

コロナ禍で25人がシード陥落。43歳の武藤俊憲「ゴルフ界はこうだ、というのが…」

史上2番目に多い16人が初シードを果たした一方で、今季は25人が、はじき出された。  ...

賞金レースは次週のシーズン最終戦に持ち込み

残り2戦の賞金レースは動かなかった。  ...

19歳・久常涼のスピード出世。初シード16人は史上2番目の多さ

2年ぶりに復活した今大会で、2年ぶりに賞金シードが決定した。  ...

堀川未来夢が2差で逃げ切り自身2度目の完全V / 賞金シード争いが決着

2年ぶりのツアー通算2勝目も完全優勝だった。  ...

DAY 3

賞金シード決着の日 優勝の瞬間は動画ライブ配信「Paravi」で

2年ぶりに復活した大会で、2年ぶりに賞金シードが決定する。 来季のシーズンチケットは、20ー21年のロングシーズンを駆け抜けた選手たちの勲章である。 2年ぶりに復活した大会で、2年ぶりに復活した速報ボードがある。 その時、その瞬間の各選手たちのスコアを瞬時に計算し、その時、その瞬間の各選手たちの仮想賞金ランキングをはじき出す、いわゆる”裏ランキングボード”は、会場内の関係者にしか見る ...

初シードの植竹勇太「ミスに一喜一憂しない」次週切符へ意欲

今週は、賞金レースとシード権争いだけではない。  ...

DAY 2

賞金シード争いは残り2日(14時から全国ライブ放送)

来季の出場権をかけた闘いは、26日の予選ラウンド終了をもって、まずは19人のシード落ちが決定した(下記一覧)。 予選落ちを喫した藤田寛之と藤本佳則、塩見好輝のほか、16人は外国籍の選手で、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、昨年9月に再開し、20ー21年に統合された今季、出入国制限などで、出場できなかったことなどが、要因に挙げられる。 なお該当選手には「新型コロナウィルスによる入国制限 ...

賞金レースとシード権争い(ライブ中継は全国14時から)

2年ぶりに復活した今年は記念の40回大会。  ...

堀川未来夢が2日間の大会最少ストロークを更新

シビれる空気が充満する会場で、堀川未来夢(ほりかわ・みくむ)が止まらない。  ...

賞金2位の木下稜介が予選落ち。逆転賞金王の条件はさらに厳しく

賞金2位の木下稜介が通算イーブンパーの86位タイで、5試合ぶりの予選落ちをした。  ...

シード権を争う木下裕太がホールインワンを達成

ご褒美は、コンビニスウィーツのクッキーシューだ。  ...

陥落は19人。52歳の藤田寛之は24季連続シードならず

藤田寛之のシード落ちが決定した。  ...

DAY 1

完治まぢか? 堀川未来夢が「64」

プロ8年目の堀川未来夢が「64」と大爆発した。 前半12番から快調にバーディを続けて、7メートルを沈めた17番で5連続目を記録。 かかってもう2年近くになるというパットの病気「イップス」も、うそみたいなロケットダッシュを見せた。 一時期は「フォロースルーの途中でいきなり水の中に入るみたいな感じ」と、思うがままにならないクラブを無理に動かし、とんでもない方向に行ったり苦しんでいた。  ...

叔父さんの初シードも今野大喜(いまのだいき)と同じ年頃

5アンダーで、7人が並ぶ大混雑の3位タイに紛れた今野大喜(いまの・だいき)は賞金ランキングの78位から、逆転の初シード入りがかかる。  ...

「ひっそり」と67。隠れきれない裕次郎

どんなに隠しても、ショットの好調は、隠しきれない。  ...

亀代順哉「結局、自分との闘い」逆転の初シードにむけ地元で好位置

シード権争いの最終戦で、初日から一発大逆転を狙う選手たちが上位ボードにひしめいた。  ...

Y・E・ヤン「これが日本のラストゲーム」来季はアメリカへ

シード権争いの最終戦で、韓国出身のレジェンドが、生き生きと好スタートを切った。  ...

PREVIOUS

片岡大育「大逆転のシード復活を視野に」半年ぶりの里帰り

涙を拭きながら、笑顔につとめた。 プロ14年目のホストプロが、開幕前日から全力でホスト試合を盛り上げた。 2年ぶりに有観客で復活した大会は、節目の40回大会。 「去年はコロナで中止となりましたので。2年分の思いをぶつけて、2年分盛り上げられるように頑張りたいと思います」と、力をこめた。 地元出身の片岡大育(かたおか・だいすけ)は、開催コースのKochi黒潮カントリークラブ所属プロ。 ...

シード復活に賭ける53歳の手嶋「先週は膝から落ちた」薄氷の最終戦

次週のシーズン最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」はシーズン優勝者など、30人の出場枠しかないため上位65人の賞金シードを争う選手たちにとっては、今週が事実上の最終戦である。  ...

佳境の賞金レースで「2連勝するつもりで」賞金2位の木下稜介

先週の「ダンロップフェニックス」で今季3勝目を飾り、賞金1位で今大会を迎えたチャン・キムが、2週連続Vなら今週にも賞金王が決着する可能性もある。  ...

石川遼が謝罪会見

米二部ツアーの予選会から帰国後、14日間の隔離期間中に、義務違反があったとして、出場停止中の石川遼が24日、「カシオワールドオープン」の会場のKochi黒潮カントリークラブで会見を行った。  ...

賞金レースとシード権争い「カシオワールドオープン」が有観客で復活

異例の20-21シーズンも、いよいよ残り2戦となりますが今週は、熾烈な賞金レースと共に、賞金シードを争う選手たちにとっては事実上の最終戦と位置づけられる、大事な一戦が復活です。  ...

広告