JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

主催の選手会から那須塩原市に100万円を寄贈

9日に最終日を迎えた史上初の選手会主催トーナメントは本当に、多くのみなさま方のお力に、支えていただき無事終了した。 開催地付近の栃木県那須郡那須町にある御用邸は、天皇ご一家のご静養地としてあまりにも有名だ。 都会の喧騒を離れて、ゆったりとした時が流れる。 同市にある開催コースの西那須野カントリー倶楽部は、「ホウライの那須・千本松牧場」の、真っすぐな杉並木を抜けたところに広がる雄大なチ ...

大会会長よりお礼のご挨拶

闘う大会会長は、1打差の惜敗。3打差の4位タイから、選手会副会長の石川遼と、若き弟弟子の清水大成と共に、初代王者の栄誉を追ったが、最終ホールのボギーで負けた。  ...

23歳に惜敗。48歳、宮本は2週続けて18番でボギー

2日目から首位を守り続けた宮本勝昌は、2週連続で2位敗退した。  ...

最終日に3度も池。石川遼は7位で終戦

3打差4位タイから出た最終日は、大混戦のリーダーボードで何度も単独首位に立つなど見せ場もあったが最後に崩れた。  ...

最高の4日間に贈る。中西直人が表彰式後のプチ贈呈式

選手会主催の初トーナメントを通算11アンダーの15位タイで戦い終えたプロ11年目の中西直人は、結果以上の満足感でいっぱいだ。  ...

DAY 3

無安打の選手会副会長。そしてファンプロジェクト担当リーダー石川遼も参戦した大混戦の模様はゴルフネットワークで!

初代王者は渡さない。みんなで創作したこだわりの優勝杯を取り合いだ。 史上初・選手会主催「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」は、大混戦の最終決戦。 2人の理事も名乗りを上げた。 選手会長で、大会会長の時松隆光と共に、選手会副会長で、ファンプロジェクト担当リーダーの石川遼も、3差の4位に名前を載せた。 …2人の肩書だけでも行数いっぱい! もし時松が勝てば、 ...

いよいよ現実味を帯びてきた。大会主催の大会会長が優勝杯をもらう日

史上初の主催試合はいよいよクライマックスを目前に、主催者自ら4位タイ浮上。  ...

48歳の神業イーグル。宮本勝昌は、いくつになっても魅せる男

48歳が2日続けて主役になった。宮本が18番で神業のイーグル締め。  ...

23歳、大岩龍一。思い出の舞台で成長のV争い

大混戦のリーダーボードで若い力が躍動する。  ...

選手会長の弟弟子。史上初試合で清水大成が「64」で急上昇

プロ2戦目の清水大成(しみず・たいせい)が、「64」で回って首位と3差の4位タイに浮上した。  ...

闘う監督・阿部裕樹の1日 (地元ジュニアを観戦招待)

史上初の主催大会を開いたジャパンゴルフツアー選手会は8日、地元ジュニアに学びの場をプレゼントした。  ...

DAY 2

中西直人の、今日は何色? ぜひゴルフネットワークでご確認を。

選手会主催の初トーナメントは、大会の番宣も、選手自らが行う。 同理事に名前を連ねる中西直人は、今大会の特別協賛「サトウ食品」の契約選手でもある。 「自分が盛り上がるには、応援してくださる方も盛り上がっていただくのが大事」と、心血を注ぐ。 CS放送「ゴルフネットワーク」による、4日間とも生中継が実現したからには、「見ていただくために、僕らが何をすべきか」。 連日夜9時を合図に配信するライ ...

片岡&久保田。史上初試合で友情をはぐくむコロナ禍の新人

コロナ禍で、失われた職場を自分たちで作る。そんな思いで選手会が起ち上げた。史上初の主催トーナメントで、その意気に応えたいと、新人プロらも懸命だ。  ...

ヤフーニュースを気にする宮本が圧巻の「64」

先週の61回大会に続いて記念の第1回を、48歳がけん引する。  ...

今週こそ………!!

高山忠洋には、2日目のリーダーボードに既視感があった。  ...

新顔の植竹勇太が、幸せいっぱいのV争いへ!

なんともにぎやかなスコアカードが完成した。2日目の5アンダー「67」は、特に前半アウトの9ホールで「2番から8番までパーがない…」。  ...

今野家の秘蔵っ子。大喜の覚醒はあるか

コロナで失われた活躍の場を求めて誕生した。選手会初の主催トーナメントで、若い力が躍動する。  ...

「すごい大会を作ってくれた」浅地洋佑は、幼なじみの選手会長に感謝

今週は、幼なじみの選手会長に感謝を告げるV争いだ。  ...

DAY 1

優勝はサトウのごはん10年分。4日間とも生中継でお腹も一杯

史上初の選手会主催大会が、2日目を迎えた。7日は予選ラウンド最終日。選び抜かれた144人が、さらなる関門トップ60入りをめざして、栃木県・西那須野カントリー倶楽部でしのぎを削る。 賞金総額5000万円、優勝1000万円には、なにものにも代えがたい初代王者という栄光と、サトウのごはん10年分。4000食は、喜びと感謝でお腹も一杯。 いざ、決勝の舞台へ。 熱戦は、選手会がこだわりぬいたC ...

サトウ×佐藤でゆかりの大平は、松山の可愛い後輩

さっそく大会とのご縁を示した。  ...

かつて前代未聞の無観客Vを経験。韓国のH・W・リューは「試合ができて幸せ」

今年から、日本ツアーに再合流した韓国のH・W・リューが1イーグル、6バーディ、1ボギーの「65」で、首位タイにつけた。  ...

公共放送デビューの日。安本大祐が好発進に成功。

公共放送デビューの日。プロ13年目の安本大祐(やすもと・だいすけ)は「スコアが悪かったら恥ずかしいな…と、ちょっと思って頑張りました」と、4アンダーの8位タイで上がった。  ...

もう計算しない。高山忠洋が2週連続の好ダッシュ

史上初の新規試合で復活に賭けるベテランが、初日からハングリーに攻めている。  ...

罰打もめげないホストプロ。中西直人は4アンダー

「サトウのごはん」をイメージした赤×白ウェアのホストプロが青くなったのは、後半の11番だ。  ...

サトウ食品×NEXTヒーローズ/ 亀代順哉の課題は松山クラスの準備と努力

3連続バーディがかかった最後の9番で、奥から1.5メートルのバーディチャンスは逃した。  ...

4日間とも選手会こだわりの生中継。熱戦の模様はゴルフネットワークで

時松隆光、池田勇太、小鯛竜也、そして石川遼の幹部4人の主導で開催にこぎつけた選手会主催のトーナメント「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP(ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ) by サトウ食品」が6 ...

PREVIOUS

「サトウ食品様、ありがとうございます」byジャパンゴルフツアー選手会

選手会初の主催大会は開幕前日のラウンドが、いつものようなプロアマ戦ではなく、特別協賛社のみなさまとの視察ラウンドという形で行われた。 チームで競い合うというスタイルではなかったが、スポンサーのみなさまに楽しんでいただきたいという選手たちの気持ちに違いはなく、まずは最初のおもてなしが無事、終了。 終始、なごやかに笑い声の絶えないラウンドの最後に、選手たちはとっておきのサプライズを用意した ...

もてなす側の葛藤も…。時松・大会会長と池田・同実行委員長が会見

史上初の主催大会を翌日に控えて、ジャパンゴルフツアー選手会会長の時松隆光と、同副会長で事務局長の池田勇太が5日、会見を開いた。  ...

今週も笑顔が見たい! 岩田寛のモチベーション

開幕前日の5月5日はこどもの日。先週覇者が嬉しい知らせに、満面の笑みを見せた。  ...

まさか、まじかのホストプロ。塩見好輝は「僕も驚かれるような結果を」

史上初の選手会主催大会で、2つ年上の中西直人と共に、思いがけずホストプロをつとめることになった。  ...

サトウくんと勝手にコラボ! 中西直人のホスト道

火曜日の練習場に現れたホストプロは、すでに開幕の2日前から完璧に仕上がっていた。  ...

誕生「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品」

着想から1年。選手たちが描いた夢が今、現実のものとなる。  ...

広告