アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 2019

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

母の日の親孝行。浅地洋佑が願ってもない初V

5月12日は"母の日"。親孝行を切望していた25歳が最高の恩返しを実現させた。 プロ8年目の浅地洋佑(あさぢようすけ)が日本とアジアの共催で、悲願の初優勝を飾った。 1打差首位から出た最終日は海外勢にまみれてV争い。 「みなさんの応援がなければ今日もない。ギャラリーの9割が、僕を応援してくださった」と感謝した。 通算アンダーパーがわずか5人というシビアな戦いも、"ホーム"での大混戦が追 ...

@米澤蓮さんが大健闘の2位

後半15番で、チップインによる連続バーディ。  ...

米のマイカ・ローレンス・シンは2度のチップインも届かず

浅地は悲願の初Vを完結させたが、共に最終日最終組で回った2人の若い海外勢もまた、日本ツアーでの初優勝がかかっていた。  ...

4日間平均317.50ヤード! NZのデンゼル・イエレミアは初来日で驚異の飛距離を披露

負けたが、将来の活躍を予感させるに充分の4日間だった。  ...

DAY 3

浜田さんに届け! 時松隆光が狙う"ジャンク"なV4

鼻水をこらえて"浜ちゃん"に本業で再アピールだ。 連日の難条件に、大混戦が続く日亜共同主管の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で、3日目に"ゲンちゃん"が7位タイに浮上した。 試合時の登録名は「隆光(りゅうこう)」だが本名が古風な「源蔵(げんぞう)」であることから"ゲンちゃん"の愛称で親しまれているプロ8年目の時松。 先週からひどい花粉症に悩まされ「鼻水に涙に、1ホールに1回はく ...

【テレビ中継のお知らせ】関西テレビの制作によりフジテレビ系列で全国放送

「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」の熱戦の模様は、今年も関西テレビの制作によりフジテレビ系列で放送。  ...

ジュニアレッスン会を開催

日亜共同主管の大会3日目。ホールアウト後は、若きニッポン男児たちが地元の小学生とふれあいのひとときを過ごした。  ...

初Vがかかる最終日は母の日。浅地洋佑が初の最終組に

■国内男子ゴルフ第3戦「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ(5月9-12日、千葉県・総武カントリークラブ 総武コース」)3日目  ...

強烈ショットで2位浮上。デンゼル・イエレミアはNZの新人

最終日にむけて、初の日本ツアーで脅威を植え付けるには、十分の1打だった。  ...

秋吉翔太は"ジャンク"のために

今週こそ"脱坊主"だ。最終日の夜は「夢の出演」を果たすその前に、秋吉がV3のチャンスを迎えた。  ...

DAY 2

3日目の九州対決

男子ゴルフは4日間の競技のうち最初の2日間(36ホール)が予選ラウンド、そこで上位60位タイまでの選手にしぼられて、さらに残りの2日(36ホール)の決勝ラウンドで、いよいよ勝者が決定される。 予選2日間の組み合わせは、あらかじめ大会が決めたものだが決勝ラウンドからは各日とも成績順に組まれて、どんなパーティになるのかは、2日目が終わってからのお楽しみ。 偶然、レアなペアリングが完成される ...

ん~、出た、ナイスプレー! 岡田さんが熱戦をリポート

「出た!ナイスパー! ん~~~、バーディ」  ...

2日目の首位はアジアの選手。米のマイカ・ローレン・シンがベストスコアの67

すらりと長身が、難しいコースでさらりと67を出した。  ...

香妻陣一朗が″金村親子″に感謝の上昇

強力タッグで、ご恩を返すぞ!  ...

谷口徹が令和初のホールインワンを達成、したけど…

せっかく″令和最初″の男になったのに…。  ...

誕生日に予選落ちって…。木下裕太は「心が折れた」

大会2日目の10日金曜日は33歳の誕生日。  ...

DAY 1

藤田と宮本。ウサギとカメの物語

今どきの人は、童話とかもう読まないだろうか。 ウサギとカメの物語。 あのお山までかけっこしよう、とウサギが言う。 いわばウサギが仕掛けた出来レース。負けるわけがない。 タカをくくったウサギは途中で昼寝。その間に懸命に歩き続けたのろまなカメが、最後はみごとな逆転勝利をおさめる。 明快なストーリーに、人生訓を含んでいる。 これを地でいく2人のプロゴルファーが藤田寛之と宮本勝昌である。  ...

50歳の手嶋多一が一番若い1日

4月のシニア開幕戦でデビュー戦Vを飾ったばかりの50歳が、日亜共同主管のレギュラーツアーでも元気だ。  ...

日亜の試合で日本の19歳が躍動! @米澤蓮さんが2アンダー

自身2度目のプロの試合で、持ち味が生かされた。  ...

新婚さん! 浅地洋佑は今年も「1打も無駄にできない」

日亜の両ツアーで出場枠を分け合う今大会は、シード選手でさえ敷居が高い。  ...

リーダーはウニがお好き。タイのダンタイ・ブーマが4アンダー

両ツアーの出場権を持つが、日亜共同主管の今大会は、昨季アジアンツアーの賞金ランク23位の資格で出ている。  ...

祝フォロワー1000人越え! 初シードの池村寛世(ともよ)が好発進

早寝早起きは三文の徳。今季初シードの23歳が、古くからのことわざを地で行く好プレーを見せた。  ...

PREVIOUS

昨年覇者はキャディマスターと強力タッグ

池田勇太は地元千葉での一挙両得の連覇をかけて、並々ならぬ闘志で挑む。 国内男子ゴルフの第3戦「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」は日本とアジアンツアーの共同主管で行われ、勝者には両ツアーのシード権、また獲得賞金も共に加算される。 それを計算して池田は先週、あえて中国深センで行われた「ボルボチャイナオープン」に出場(11位)。アジアと欧州の共催であり、こちらもまた両ツアーにカウントされ ...

ゴルゴ松本さんも…!! 令和最初の感動をつないだ宮本勝昌のLINE

先週の「中日クラウンズ」で、令和最初の男になった宮本勝昌。  ...

片岡大育は、赤い目をして「頑張ります」

毎年、各地の名門コースをめぐる"サーキット形式"の今大会は今年、千葉県の総武カントリークラブ 総武コースが舞台。  ...

ホストプロは、今季初戦が今季唯一の国内戦?!

今週は、絶対に穴をあけるわけにはいかない。プロ9年目、25歳の川村昌弘が久しぶりに帰った。国内戦は、昨年10月に2位に入った「マイナビABC選手権」以来、実に7か月ぶり。  ...

マンデートーナメントを開催

5月9日木曜日に、千葉県の総武カントリークラブ 総武コースで開幕する「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」は、5日月曜日に本戦の出場権をかけた予選会「マンデートーナメント」を開催し、永野竜太郎と浅地洋佑、小斉平優和( ...

地元での連覇がかかる、池田勇太

今年は、地元での連覇がかかる。国内男子ゴルフ第3戦「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」は千葉県の総武カントリークラブ 総武コースで5月9日に開幕。  ...

広告